長く愛される名店の新しい楽しみ方から、最新スポットまで、トピック切りでご紹介。食に精通する料理家や取材チームが実際に食べておいしかった店を始め、台北「食う、買う、遊ぶ」の最旬情報を厳選。

食い道楽ズにとってここは天国のような街だけど、呑べえたちにとって夜の楽しみはまだまだこれから。でも、台湾ってビールしかないと思ってる!? 否! 台北にも、美味しい酒場が増えてます。いざ、夜のクラブ活動へ!!

 

ヒップな奴らが集う
秘密の小部屋アリ

墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar

画像1: 墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar

通りからはおしゃれな理髪店にしか見えないけれど、壁の本棚を押すと奥にバーが出現。内装のイメージは禁酒法時代のアメリカというだけあり、たどり着くまでの仕掛けからしてまさに “Speakeasy” な雰囲気。
 

画像2: 墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar
画像3: 墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar

バーテンダーのトーマスさんは長年、東区の人気スポット「FIFI」のバーで腕をふるっていた実力派。左から「Grand Pa’s Tea」350元と店のシグネチャーカクテル「Bloody Mozi」400元。
 

画像: ゆったりとシックな店内。

ゆったりとシックな店内。

墨子理髮廳酒吧 Mozi Bar(モーズリーファーティンジョウバー モジ バー)
台北市大安區忠孝東路四段216巷32弄10下
☎02-8773-7273
営業時間:19:00~翌2:00、金・土~翌3:00
定休日:火・旧正月

 

MITなクラフトビールを
樽生で飲み比べ放題

麥芽堂精釀 My Yacht Taproom & Co

画像: 台湾だけでなくアジア各地のビールも楽しめる。

台湾だけでなくアジア各地のビールも楽しめる。

海外と台湾各地のブルワリーから届くクラフトビールがタップで20種ほど。
 

画像: 迷ったら、飲み比べセットその名も「Beer Flight」がおすすめ。360元。

迷ったら、飲み比べセットその名も「Beer Flight」がおすすめ。360元。

ハイビスカスや龍眼などの食材を使ったビールは台湾ならでは。メニューは北京語だけど、「蜜桃小麥」や「酒花炸彈」など漢字から味を想像して注文するのも楽しい。
 

画像: 近所のビジネスマンらの社交場にもなっているというモダンなビアバー。

近所のビジネスマンらの社交場にもなっているというモダンなビアバー。

麥芽堂精釀 My Yacht Taproom & Co(マイヤータンジンジョウ)
台北市信義區忠孝東路四段553巷22弄4-1號
☎02-2746-5024
営業時間:16:00~23:00、土・日13:00~
定休日:旧正月

 

一押しはビールカクテル
クラフト界に第3の波か!?

Driftwood 西門町

画像: オリジナルが現在11種類(変動あり)。全30種類のドラフトをラインナップ。タップは200元~。

オリジナルが現在11種類(変動あり)。全30種類のドラフトをラインナップ。タップは200元~。

台湾のクラフトビールブームの火付け役ブルワリー「臺虎精釀」が若者の街・西門町に5店舗目をオープン。
 

南国リゾート感を全面に出した開放的な空間は、サクッと1杯引っ掛けるのにぴったり。ここでしか飲めないビールカクテルをぜひ。
 

画像: DRIFTWOOD=流木を多用したインテリア。

DRIFTWOOD=流木を多用したインテリア。

Driftwood 西門町
台北市萬華區昆明街46號
☎02-2388-3699
営業時間:17:00~ 23:30、土・日15:00~、金・土~翌1:30
定休日:旧正月

 

▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Yoshiki Okamoto Text:Chisa Nishinoiri

This article is a sponsored article by
''.