シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツの新ブランド「ケリーホテル」。館内に一歩足を踏み入れた途端に、賑やかな街の喧騒を忘れさせてくれるケリーホテル香港の魅力は、美しい眺望や落ち着いた印象のインテリアはもちろんのこと、ホテル内にある多彩なレストランにも。ホテルから一歩も出なくていい!と思わせてくれる、ケリーホテル香港のバラエティ豊かなレストランを紹介します。

 

モダン中国料理レストラン
紅糖 HungTong

画像1: モダン中国料理レストラン 紅糖 HungTong

ビクトリア湾や香港島を眺めながら、ケン・ユ シェフによるモダンな中国料理を楽しめる「紅糖(ホントン)」。
 

店内は、ホテルの所在地であるホンハムエリアを象徴する造船所の面影を再現しているそう。赤の生レンガやビンテージテイストの椅子、ティンテッドガラスのランプといったオールド香港スタイルとモダンさを融合させた店内は、落ち着いた雰囲気が魅力です。

金木犀のハチミツを使ったソースを絡めた照り焼き風の鰻や棒々鶏、北京ダック、酢豚などなど、どの料理も盛り付けも美しく、豊かな香りが広がる絶品揃い!
 

画像2: モダン中国料理レストラン 紅糖 HungTong

紅糖の奥には、バー「レッドシュガー(RED SUGAR)」が。「紅糖」と「レッドシュガー」という店名は、ホテルがあるホンハム(紅磡)エリアの “紅(ホン)” と、“砂糖王” と呼ばれたシャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ創始者にちなんで名付けられたんだそう。
 

地元のクラフトビールや種類豊富に揃ったワイン、オリジナルカクテルを楽しむなら、ぜひテラスへ! 270度パノラマでビクトリア・ハーバーを眺めることができます。香港の夜空を彩る光と音のライトショー「シンフォニー・オブ・ライツ」もゆったりと鑑賞できますよ。
 

画像: おみくじ付きのカクテル「LUCKY CAT」(写真手前)や、光るカクテルなど、ワクワクするようなカクテルも!

おみくじ付きのカクテル「LUCKY CAT」(写真手前)や、光るカクテルなど、ワクワクするようなカクテルも!

紅糖(ホントン)
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:30
 
レッドシュガー(RED SUGAR)
営業時間:16:00~24:00、金・土・祝前日16:00~翌1:00
※11歳未満は18:00以降利用不可
※屋外エリアのみ喫煙可

 

オールデイダイニングレストラン
ビッグベイカフェ

東南アジアのリゾートをイメージし、木を基調とした総席数400の広々としたレストラン「ビッグベイカフェ」では、和洋中さまざまなブッフェ料理を楽しめます。
 

画像1: オールデイダイニングレストラン ビッグベイカフェ

多彩な料理の中でも、特に気になったのが麺料理のコーナー。好きな麺と具材、スープを選んでオリジナルの1杯を作ってもらえます。
 

画像2: オールデイダイニングレストラン ビッグベイカフェ

今回は、全蛋麺(極細のたまご麺)にエビワンタン、たっぷりのキノコと葉物野菜をチョイス。最後にたくさんの調味料の中から好きなものを好きなだけ加えて完成です!
 

麺料理のコーナーをはじめ、各ブッフェ台に調味料が多いことにも驚かされました。いろいろな料理を自分好みにアレンジして楽しめますね。
 

画像: 香港に来たら、飲茶も食べたいところ。

香港に来たら、飲茶も食べたいところ。

画像: ディナータイムには、ロブスターなども並び、より一層ブッフェ台が華やかに!

ディナータイムには、ロブスターなども並び、より一層ブッフェ台が華やかに!

ビッグベイカフェ(Big Bay Cafe)
営業時間:朝食6:00~10:30、ランチ12:00~14:30、ディナー18:00~22:30

 

グルメフードホール
ドックヤード

ホテルの1階にある「ドックヤード」は、宿泊客以外も利用しやすいフードコート。ハーバーフロントの目の前にあり、明るく開放的! ビリヤードやサッカーゲーム台などが並ぶ、遊び心のある店内には、香港ローカルフード、タイ、ベトナム、韓国、インド、日本……と世界各国の多彩な料理を提供する9つのショップが揃っています。
 

画像: グルメフードホール ドックヤード

アプリで注文できる最新システムも導入しているのも魅力。まず、ドックヤード内にあるQRコードを読み込んでアプリをダウンロード。アプリを起動して、テーブル番号の入力&オーダー。あとはそのテーブルで待つだけ! 各店からできたての料理が届きます。もちろん、アプリを使わずにオーダーすることも可能です!
 

ドックヤード(Dockyard)
営業時間:11:00~23:00

 

ホテル内での食べ歩きも楽しい!
ケリーホテル香港でおこもり旅を!!

ラグジュアリーでありながらもホッとできるような空間の中、ゆったりとした滞在を楽しめる理由は、たくさんのこだわりが詰まったレストランにもありました。アクティブに観光を楽しむ旅もいいですが、たまには滞在を楽しむ “ステイケーション” をしてみてはいかがですか?

ケリーホテル香港
38 Hung Luen Road, Hung Hom Bay, Kowloon, Hong Kong SAR, China
☎852-2252-5888
http://www.shangri-la.com/jp/hongkong/kerry

 
Photo&Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.