長く愛される名店の新しい楽しみ方から、最新スポットまで、トピック切りでご紹介。食に精通する料理家や取材チームが実際に食べておいしかった店を始め、台北「食う、買う、遊ぶ」の最旬情報を厳選。

ここ数年、台北はカフェのオープンラッシュが続き、同時に人気のない店は容赦なく消えていく入れ替わりの激しいマーケットに。そこに残るのは、カルチャーがある本物の店だけ。訪れて損なしの三ツ星カフェをご紹介。

 

こだわりの一杯を求めて
常連が集まるコーヒー店

WILBECK威爾貝克手烘咖啡吧

画像: 人気メニューの一つ、絶妙な甘さの「黒糖拿鐡」(黒糖ラテ)75元。この美味しさでこの価格は拍手!

人気メニューの一つ、絶妙な甘さの「黒糖拿鐡」(黒糖ラテ)75元。この美味しさでこの価格は拍手!

コーヒー好きが高じて、4人のパートナーとそれぞれ1店舗ずつコーヒーショップを開店し、焙煎工場まで作ったというオーナー。こだわりの豆を自分たちの工場で焙煎し、丁寧に一杯一杯コーヒーを入れてくれる作り手の思いを感じる店。
 

画像1: WILBECK威爾貝克手烘咖啡吧

セレクトの良いコーヒー豆。マイルドで飲みやすいハウスブレンドは、取材スタッフもまとめ買い。
 

画像2: WILBECK威爾貝克手烘咖啡吧

WILBECK威爾貝克手烘咖啡吧(ウェイアールベイクーショウホン カーフェイバー)
台北市松山區南京東路五段123巷2弄1號
☎02-2767-2277
営業時間:7:30~19:30、土・日8:00~18:00
定休日:なし

 

これぞアート!!
傑作スイーツが揃う店

河床法式甜點工作室

画像: 右奥より反時計回りに、オブジェのようなカラメルが乗ったバナナのチョコケーキ195元。イエローのチョコレートでコーティングされたレモンケーキ200元。鮮やかなグリーンとオリジナリティ溢れる形がポイント。リンゴと玄米のケーキ220元。クオリティの高いスイーツが勢揃い。

右奥より反時計回りに、オブジェのようなカラメルが乗ったバナナのチョコケーキ195元。イエローのチョコレートでコーティングされたレモンケーキ200元。鮮やかなグリーンとオリジナリティ溢れる形がポイント。リンゴと玄米のケーキ220元。クオリティの高いスイーツが勢揃い。

伝統をベースに、オーナーパティシエの新しいアイデアとストーリーを足しながら生み出されるスイーツはまさにアート。素材の味が口一杯に広がるスイーツはどれも極上の味! 材料にはなるべく台湾産のものを使用し台湾らしさを忘れない、オーナーのこだわりが光る。
 

画像: 河床法式甜點工作室

河床法式甜點工作室(ヘェチャンファーシティァンテンコンチゥオシ)
台北市大安區信義路四段400巷6弄2號
☎02-2709-2123
営業時間:12:30~19:00
定休日:水・木

 

迪化街を望める贅沢な空間で
最高級の紅茶を

ASW TEA HOUSE

画像: 南投県高山の厳しい環境で育った貴重な茶葉の紅茶。普通の紅茶よりもワイルドで濃い味が特徴。水沙連紫芽山茶400元、米香(お米のマドレーヌ)80元。

南投県高山の厳しい環境で育った貴重な茶葉の紅茶。普通の紅茶よりもワイルドで濃い味が特徴。水沙連紫芽山茶400元、米香(お米のマドレーヌ)80元。

台湾全土から茶葉を仕入れる紅茶専門店。永楽布市場ビルの目の前にあるので、迪化街での買い物帰りにも寄れて便利。南投県の高山でしか摘めない貴重な茶葉もあるので、せっかくなら頼んでみよう。
 

画像1: ASW TEA HOUSE

イギリスの図書館をイメージしたクラシックで落ち着いた雰囲気の店内。窓からは迪化街を望むことができ、ティーブレイクにも最適。お土産用の茶葉も売っているので、飲んで気に入ったものや気になるものは買っておきたい。
 

画像2: ASW TEA HOUSE

ASW TEA HOUSE
台北市大同區迪化街一段34號2F
☎02-2555-9913
営業時間:9:00~18:00
定休日:第1水

 

読めなくても見るだけで
楽しい本に囲まれて

青鳥 Bleu & Book

画像1: 青鳥 Bleu & Book

日本統治時代の酒工場跡地を再利用してアートスペースやレストラン、服屋などが立ち並ぶ『華山1914文創園区』。その中にひっそりと佇む、小洒落た雰囲気の大人な本屋×カフェ。
 

画像: 「檸檬草紅茶」(レモングラスティー)190元、「無星主廚牛肉三明治」(ビーフサンドウィッチ)220元。

「檸檬草紅茶」(レモングラスティー)190元、「無星主廚牛肉三明治」(ビーフサンドウィッチ)220元。

店内にある本は飲み物を頼めば席に座って閲覧が可能。アート、文芸、建築や映画など趣味良くセレクトされた本が並ぶ。一息ついてマップを広げ、旅の予定を練るも良し。
 

画像2: 青鳥 Bleu & Book

青鳥(チンニィャオ)Bleu & Book
台北市中山區八德路一段1號玻璃屋2F
☎02-2341-8865
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定(月1回)

 

▼前回の記事はコチラ!


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Koichi Tanoue Text:Chisa Nishinoiri Composition:Yumiko Ito

This article is a sponsored article by
''.