長く愛される名店の新しい楽しみ方から、最新スポットまで、トピック切りでご紹介。今回は、美容コンシャスな旅がしたい女性はもちろん、美食の街・台北での食べまくりの罪悪感を打ち消したい人にもオススメの漢方をピックアップ。

 

日本語OKで安心
東洋医学で体調改善

生元薬行

画像: 歴史を感じさせる伝統的な器具で分量を測り、調合する姿はまるでも映画を見ているよう。

歴史を感じさせる伝統的な器具で分量を測り、調合する姿はまるでも映画を見ているよう。

1946年創業の漢方専門の調剤薬局。ここでは漢方中医師による個別診断を受けて調合漢方薬を処方してもらえる。日本語の通訳スタッフが対応してくれるので言葉の心配は無用。
 

画像1: 生元薬行

奥の部屋で中医師から体質や生活について事細かに質問を受けながら触診により両手首の脈を測る。所要時間は15~30分ほど。診断料は300元。
 

画像2: 生元薬行

中医師が書いてくれた処方箋を元に漢方薬を調合。2週間分出され2000元~5000元ほど。効果が出るには3ヵ月ほどかかるそう。東洋医学の漢方は体調改善が目的。自分の体調を知り、まずは続けることから。
 

画像3: 生元薬行

美容パックや痩身茶などお土産の購入だけでも歓迎してくれる。滋養強壮に良い「十全大補湯」(200元)や冷え性や血行改善に良い「當歸黄蓍」(140元)はお土産にも人気。
 

画像: 漢方が収納された棚が壁一面に並ぶ店内は圧巻。

漢方が収納された棚が壁一面に並ぶ店内は圧巻。

生元薬行(シェンユエンヤオハン)
台北市大同區南京西路181號
☎02-2555-2970
営業時間:8:30~20:30、日・祝9:00~12:00、13:00~17:00(診断は月・木・土9:00~12:00、14:00~17:00、火・水・金14:00~17:00、18:00~19:30)
定休日:旧正月

 

▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Yoshiki Okamoto Text:Chisa Nishinoiri

This article is a sponsored article by
''.