美容業界でも数少ない男性編集・美容家の3人が集まって最新コスメをあれこれ語る新企画。化粧品を科学で斬るビューティサイエンティスト・岡部美代治さん、男性美容研究家の藤村岳さん、美容業界ン十年のFRaUプロデューサーの関龍彦が、スキンケアからボディ、フレグランス、メイクアイテムまで、経験と知識をもとに、これからの美容業界までを占う発表会レポート。2回目のテーマは……「メルヴィータ」の人気ボディケアアイテムです。

 

オーガニックブランドのメルヴィータ
“ピンクのオイル” が進化

:FRaUの新企画「俺たちのコスメ」、さまざまなところで反響があったよね。ブランドの方はもちろん、同業の編集やライターさんからも「読みました」という声をかけていただきました。
 

画像1: オーガニックブランドのメルヴィータ “ピンクのオイル” が進化

:さて、2回目はいつも工夫を凝らしてくれるメルヴィータの発表会。これからの季節にぴったりなアイテム。

藤村:男性だけで語るというのが、目新しいですよね。さて、フランスのオーガニックブランド「Melvita(メルヴィータ)」の新ボディオイルの発表会、ちゃんと伺いました。売れているシリーズですよね。

:そう。ベストセラーのひとつになっている「ロゼエクストラ ブリリアント ボディオイル」。今では「ピンクオイルといえばコレ!」というように、認知度もUPしているアイテムです。2014年のデビュー年と比べ、最近では売り上げが11倍になっているんだそう。その進化版「ロルロゼ ブリリアント ボディオイル」が登場するというから、個人的にも期待大。

岡部:新しい “ピンクのオイル” の登場ですね。テーマも「全身セルライトケアする」。むくみや代謝不良でセルライトが気になる女性には嬉しいアイテムだと思いますよ。
 

画像2: オーガニックブランドのメルヴィータ “ピンクのオイル” が進化

:会場のディスプレイもユニークでしたね。

岡部:裸のマネキンが商品を持って効果を訴求していたのはインパクトありましたね。やはり視覚的に記憶に残る発表会の展示やプレゼン方法は気になります。メルヴィータの発表会はいつも楽しみです。

 

セルライトケアに効果大!
そのカギは「ピンクペッパーエキス」

:「セルライト」は「Cellule(細胞)+ ite(鉱物)」の合成語でフランス語。そのせいかわからないけど、フランス人はセルライトへの関心が高く、娘が10代になったら、ケアを始めさせるんだって聞いたけど、セルライトケアアイテムは、フランスに限らずニーズが高まっているということなのかな。

岡部:セルライトのニーズについての詳細はわかりませんが、以前、顔のスリミング化粧品を開発したことがあるので、脂肪分解については研究しました。その時、カフェインが脂肪を分解することについての研究論文を数件読みましたし、研究部門でも検証してもらった記憶があります。

藤村:女性は筋肉量が男性と比べて少ないから、代謝が低くて冷えやすい。そうすると脂肪が溜まりがちですもんね。
 

画像1: セルライトケアに効果大! そのカギは「ピンクペッパーエキス」

:何がスゴいかって「ピンクペッパー」のエキスが既存品に比べ、約2倍も配合されていること。会場にもピンクペッパーが展示されていたね。

岡部:ありましたね。ピンクペッパーがカフェインの8倍のパワーということが興味深かったです。

:脂肪燃焼を促す「ブラックペッパー」も配合していて、ピンクとブラックのペッパーでピリッと効きそうなイメージ。自分のカラダを美味しく料理できるようなイメージもあるよね!
 

画像2: セルライトケアに効果大! そのカギは「ピンクペッパーエキス」

藤村:既存の「ロゼエクストラ オイルイン ウォッシュスクラブ」(写真左)が大好きで、スクラブで洗いながら引き締めケアができるっていうのが登場したときに斬新でした。これでマッサージすると肌はツルツルになり、流れもスムーズになってむくみもよくなりますよね。そこにこの新製品を足せば鬼に金棒!

:最近では、男性もボディケアするようになっているし。

藤村:成分やコンセプトがピンクなパッケージなんで、男性は躊躇してしまいそうだけど、ぜひ使って欲しいな。

メルヴィータ ロルロゼ ブリリアント ボディオイル 100ml ¥5000/メルヴィータ(2018年 4月18日発売)

 

ヴェレダの人気シリーズ化粧水が刷新
日本限定処方も!

画像: ヴェレダの人気シリーズ化粧水が刷新 日本限定処方も!

:オーガニック系では、「WELEDA(ヴェレダ)」の発表会もあったね。これもよかったなぁ。

藤村:ヴェレダはそのシュタイナーの人智学の考え方に毎回、感心させられます。ムリがなく、ストンと心に落ちてきますね。
 

:2007年にデビューした「ワイルドローズ モイスチャーローション」は、これが3代目。2代目で保湿力を、今回はターンオーバーのサポート力をアップさせたそう。キメの数が1.3倍になるから、その後につける化粧品の吸収も良くなりそうだね。

藤村:ただ、開発者とマーケティングの方の説明に重複が多かったのは残念。「それ、さっきも聞いたな」と感じたところが……。

:笑。商品を使ってみた?

藤村:なめらかで香り高くて、心地いいです。化粧水も乳液もスルスルとなじむ感じは女性だけでなく男性にもいい。ヴェレダにはメンズのラインもあるんですけど、わりとアルコールが強いから、こちらのワイルドローズがヒゲ剃りの後なんかにはおすすめですね。

:化粧水のほかには、新たに乳液「モイスチャーミルク」もラインアップされるんだよね。キチンと「化粧水+乳液」をセットで使うのが好きな日本女性には嬉しいニュース。処方も日本限定らしい。今、家で使ってみているけど、ヴェレダマークを模したシェイプのプラスチック製ボトルが手に馴染んでいい感じです。

岡部:私は時間の都合上、発表会に伺うことができなかったのですが、商品を使った感想をいうと……日本限定の処方という乳液は、クセのないオーソドックスなテクスチャーでした。関さんが言っているように日本人女性はそこまで考えてくれたヴェレダをより一層好きになるのではないでしょうか。

ワイルドローズ モイスチャーローション 100ml ¥3800、ワイルドローズ モイスチャーミルク 70ml ¥3800/ヴェレダ(2018年 5月23日発売)

 

トコトワ、ティアティア
ナチュラル・オーガニックブランドも注目

画像1: トコトワ、ティアティア ナチュラル・オーガニックブランドも注目

藤村:ほかにも「tokotowa organics(トコトワ オーガニクス)」の「ピュアエッセンスミスト」が印象に残りました。こぢんまりしたアットホームな発表会で、開発者と直接会話できたからかな?

:確かに。直接話をするとリリースにない開発秘話や苦労話もひょっこり出てきたりするしね。それで、どんな商品だったの?

藤村:水を1滴も使用しない100%自然成分から作られていて、ピンクはローズ、イエローはシークワーサーがベースになっています。保湿とかももちろんできるけど、気分をリフレッシュさせるために使う美容水って、おもしろい。性別や年齢を問わず使えますね。ちょっとしたギフトにも便利かも。

トコトワ オーガニクス ピュアエッセンスミスト ピンク 50ml ¥2000、ピュアエッセンスミスト イエロー 50ml ¥1800/オーガニックスタイルズ

 

画像2: トコトワ、ティアティア ナチュラル・オーガニックブランドも注目

:代表の市川恵美子さんはオーガニックブランドでの経験を積んで、このブランドを立ち上げた人だよね。

藤村:ですね。ほかの自然系では、サンナチュラルズの「エブリデイ リッチ ミルクUV」の出来栄えがすごくよかったなぁ。世界一のホホバオイルと評価の高いこのブランド。希少なプレミアムホホバオイルのアリゾナ産KEIKO種を使っています。
 
さらに、紫外線吸収剤は不使用なのに、白浮きしないってすごい。手に出すと「わりと重め?」と最初は思うけど、のばすと密着して守ってくれる感がある。テカリではなくツヤが出て、むしろ健康的に見えるんです。UV機能もSPF40、PA+++と日常の使用には十分です。

:岡部さんは?
 

画像3: トコトワ、ティアティア ナチュラル・オーガニックブランドも注目

岡部:先日、お茶の通販会社として35年間の実績があるティーライフが、緑茶、プーアール茶、ルイボスティーを共通成分として配合しているスキンケアブランド「teatea(ティアティア)」のトークショーに招かれたのですが、このブランドがおもしろくてね。

:行きましたよ、僕も。

岡部:アイテムは洗顔、ふきとり化粧水、そしてオールインワンジェル。メインとなるのは、すでに15年間販売し続けていたふきとり化粧水で、使用性を改良し、ふき取り後の浸透力も高めたリニューアルアイテム。お茶発想のスキンケアとして真面目に取り組んでいるのが好感持てました。とにかく社長のお茶に対する味や見た目、使用性は化粧品にもあらわれていました。
 

画像4: トコトワ、ティアティア ナチュラル・オーガニックブランドも注目

:そうそう、ふきとり化粧水。使いやすかったな。

岡部:化粧水の容器はコットンに含ませやすいように、コットンを容器の上に手に持ったままプッシュポンプができる様式。これは、お手入れの効率を考えたパッケージだよね。

:片手でプッシュするだけでコットンに含ませることができるから、簡単なんですよね。この手法は本当に便利。クレンジングなどもこのやり方だと使い勝手もよく、便利だよね。

ティアティア ふきとり化粧水 200ml ¥3790/ティーライフ

 

:「ナチュラル・オーガニック系コスメは、肌には優しいけど効き目は低そう……」。そんな時代はとうに終わっていて、むしろオーガニック系こそのパワーを前面に打ち出すアイテムが、これからも続々と出てきそうな気がするな。

 

PROFILE

画像: PROFILE

岡部美代治 Miyoji Okabe
ビューティサイエンティスト。(株)コーセーの研究所を経て(株)アルビオンにて商品開発、マーケティングなどを担当。2008年独立し、現在は美容コンサルタントとして活動。商品開発、美容教育アドバイスなどを行うほか、講演・セミナーの依頼や雑誌取材なども多い。

藤村岳 Gaku Fujimura
男性美容研究家。編集者を経て独立。シェービングを中心に独自の理論を打ち立て、男性美容のパイオニアとして活動。テレビ出演のほか、講演、コスメ開発やマーケティングなども行う。スパ・エステについても造詣が深い。著書に『一流の男はなぜ爪を手入れするのか?』がある。サイトは、男性美容研究所。男性美容研究所:http://danbiken.net/

関龍彦 Tatsuhiko Seki
FRaU プロデューサー。講談社入社後、『ViVi』『FRaU』の編集者を経て『VOCE』創刊のため新雑誌準備室へ。2004年より6年間、同誌編集長。2010年より4年間、『FRaU』編集長。2018年より現職。ビューティ界の新サービス「BE-BANK」エグゼクティブ・プロデューサーも務める。

 
Illustration:YUGO. Composition:Mayumi Hasegawa

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.