六本木の東京ミッドタウンにて、2018年 5月14日(月)から17日(木)の4日間にわたって開催される、世界最大級のマーケティング&コミュニケーションのプレミアイベント「Advertising Week Asia 2018(アドバタイジング・ウィーク・アジア2018)」。東京での開催が3回目を迎える今年は、メディアアーティストである落合陽一がキーノート・スピーカーとして登壇します。

 

「Advertising Week Asia」とは?

画像1: 「Advertising Week Asia 2017」の様子

「Advertising Week Asia 2017」の様子

ニューヨークやロンドンなど世界5都市で開催され、世界最大級のB to Bプラットフォームへと発展した「Advertising Week(アドバタイジング・ウィーク)」。その一環として行われる「Advertising Week Asia」は、世界各国からビジネスリーダーが集結し、マーケティング、広告、テクノロジー、そしてエンターテイメントについて語り合います。

 

とくに注目すべき講演者は
メディアアーティスト・落合陽一

画像: Photo:Shuya Nakano

Photo:Shuya Nakano

今年のキーノート・スピーカー第一弾は、国内外問わずメディアにも多数出演する、メディアアーティストの落合陽一です。イベント期間中に単独での基調講演を予定しているほか、「Advertising Week Asia」初の試みとして最終日に開催される学生コンペティション「ADVERTISING WEEK ASIA 2018 Special Program STUDENT COMPETITION」にて、学生に向けたスペシャルな講演も行います。今回の登壇について、「アートとデザインとサイエンスとエンジニアリングの広告における役割についてお話します」とコメント。

 

東京にいながらグローバルな見解を
知ることができる豪華な顔ぶれ

Twitterのフォロワー数 169万人、Youtubeチャンネルの登録者数118万人を誇る世界的起業家であるゲイリー・ヴェイナチャックをはじめ、Uber、Google、ユニリーバ、コカ・コーラといった世界的に著名なグローバル企業のエグゼクティブもキーノート・スピーカーとして登壇。

また、日本ロレアル チーフ・デジタル・オフィサー 長瀬次英、ブリジストン VP&チーフ・デジタル・オフィサー 三枝幸夫、花王 マーケティング開発部門 デジタルマーケティング部部長 鈴木愛子、CDO Club Japan CEO&創業者 加茂純が「CDOからの提言:Disrupt or be Disrupted」というテーマで、パネルディスカッションを行います。

 

さまざまな体験ができる
参加型クリエイティビティイベント

画像2: 「Advertising Week Asia 2017」の様子

「Advertising Week Asia 2017」の様子

基調講演のほかに、アーティストや著名人を招いてオープニングパーティが開催されたり、ドリンクを片手にネットワーキング可能なスペースが設置されていたり、クリエイティビティ溢れる空間が演出されていたり、多数のコンテンツが用意されています。さまざまな体験ができる、クリエイティブなイベントは盛り上がること間違いなしです!
  

画像: さまざまな体験ができる 参加型クリエイティビティイベント

Advertising Week Asia 2018
会場:東京ミッドタウン
東京都港区赤坂9-7-1
期間:2018年5月14日(月)~5月17日(木)
http://asia.advertisingweek.com/register/でチケットを購入

 

INFORMATION

J-WAVEとのコラボレーションパーティ「J-WAVE NIGHT in ADVERTISING WEEK ASIA」が、5月16日(水)にEX THEATER ROPPONGIにて開催。日本のテクノミュージックを長年牽引する石野卓球をはじめ、新世代のマルチアーティストLicaxxx(リカックス)など豪華アーティストが出演します。

J-WAVE NIGHT in ADVERTISING WEEK ASIA
会場:EX THEATER ROPPONGI
東京都港区西麻布1-2-9
☎050-5533-0888(DISK GARAGE、平日12:00~19:00)
日時:5月16日(水)開場18:00/開演19:00
出演:石野卓球、POLYSICS、LILI LIMIT、DATS、Licaxxx
料金:オールスタンディング 前売り¥5000(税込み・ドリンク代別)
※未就学児入場不可
※一人4枚まで

 
Composition:Aiko Sugiyama

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.