大台ケ原山系を源流とする、清流宮川に沿って広がる山里・奥伊勢。熊野古道や伊勢神宮と歴史的なゆかりが深く、ユネスコエコパークにも認定されているエリアで、ホテルステイとは一味違う “暮らすような旅” を体験してきました! 地元のお母さんに聞いたレシピも紹介します!!

 

滞在先は1棟貸しのゲストハウス
「宿屋まてまて」

画像1: 滞在先は1棟貸しのゲストハウス 「宿屋まてまて」

清流・宮川のほど近くに建つ、築50年の家をリフォームし、2017年 7月にオープンしたゲストハウス。
 

ベッドが4台並ぶベッドルームとダイニングルームがあり、最大6名まで宿泊可能です。
 

画像2: 滞在先は1棟貸しのゲストハウス 「宿屋まてまて」

どちらのお部屋にも広いウッドデッキへ続く窓が大きくとられていて、明るく開放的な造り。日中は日の光が差し込んでポカポカとした気持ちの良い空間です。
 

おとなりの家の飼い猫ちゃんも頻繁に遊びにやってくる快適さ。
 

画像3: 滞在先は1棟貸しのゲストハウス 「宿屋まてまて」

キッチンに用意されている地元産の大台茶や、アロマなどの販売も。
 

画像4: 滞在先は1棟貸しのゲストハウス 「宿屋まてまて」

さらに、椅子やのれん、絵画などなど、宿内にあるさまざまな特産品も購入が可能! 実際に触れて試して、良さを実感したらぜひお土産に。

 

地元産の新鮮野菜や名産が多数!
「道の駅 奥伊勢おおだい」

画像1: 地元産の新鮮野菜や名産が多数! 「道の駅 奥伊勢おおだい」

まてまてでは食事の提供は行っていないので、夕食は宿内のキッチンで自炊またはケータリングを利用。というわけで、まてまてから車で8分ほどに位置する「道の駅 奥伊勢おおだい」で食材の買い出しに。
 

画像2: 地元産の新鮮野菜や名産が多数! 「道の駅 奥伊勢おおだい」

取扱商品の9割以上が大台町、大紀町、多喜町の周辺3町のものにこだわっています。数ある商品の中でも、採れたての新鮮野菜は観光客のみならず、地元の人にも大人気。
 

そのほか、人気が高い商品は、お茶、しいたけ、餅商品など。
 

名産の柑橘類を使ったドリンクや、伊勢うどんなどはお土産にオススメです。
 

画像3: 地元産の新鮮野菜や名産が多数! 「道の駅 奥伊勢おおだい」

お買い物のついでに味わいたい、道の駅グルメも。屋台の売上げNo.1というソフトクリームは、地元の美味しい牛乳として親しまれている大内山酪農の牛乳を使用した濃厚でコクのある逸品。無添加無香料で自然なお茶の香りが楽しめる「伊勢茶」と、ミルクのコクを感じるまろやかな「バニラ」のミックス(¥300・税込み)がオススメです。
 

画像4: 地元産の新鮮野菜や名産が多数! 「道の駅 奥伊勢おおだい」

2016年「全国道-1グランプリ」で入賞したご当地バーガー「おいしかバーガー」(¥500・税込み)も必食。大台茶の粉末を練り込んだもっちりとしたバンズに、町内で獲れたシカ肉と豚肉を50%ずつ使ったミンチと、レタス、トマト、チーズをサンド。ワサビの葉と茎の醤油漬け入りのマヨネーズでサッパリとした味わいに仕上げています。

 

いざ、まてまてのキッチンで
夕食の調理を開始!

さて、今回、奥伊勢おおだい道の駅地域おこし協力隊の中川潔美さんに監修していただいたレシピを元に購入したものは……
 

画像1: いざ、まてまてのキッチンで 夕食の調理を開始!

グリーンマスタード(からし菜)¥100、野菜ミックス¥200、鹿肉¥600、はっさく¥250、生椎茸(原木)¥430、なばな¥90、洗いエゴマ¥480、柚子ドレッシング(宮川物)¥540。※すべて税込み
 

画像2: いざ、まてまてのキッチンで 夕食の調理を開始!

キッチンは大人数でも快適に調理できる広さ。みんなでわいわい作業をしていると、学生時代の調理実習を思い出します。
 

画像3: いざ、まてまてのキッチンで 夕食の調理を開始!

塩、コショウ、サラダ油などの基本調味料がキッチンに用意されているのも便利。

 

【作り方】

①ジビエ(鹿)のソテー ~マスタードリーフ・わさびを添えて

塩コショウした焼肉用の鹿肉を焼き、少し辛みのあるマスタードリーフで包んでいただく。
町の特産品であるワサビを溶いた醤油や、ゆずぽんドレをつけて。
 

②フレッシュベジタブルとフルーツ(柑橘)のサラダ

道の駅直営農園のベジタブルミックスは、農薬・化学肥料不使用で、すぐにサラダにできる優れもの。年中豊富な柑橘類と合わせて、ヘルシーなサラダに。
 

③季節の青菜の辛子和え

旬の野菜が豊富な道の駅。季節の青菜を茹でて、辛子醤油で和えるだけ。春はなばながオススメ。
 

④しいたけソテー

肉厚のしいたけは、大台町の特産品。カサを上に向けて焼くと、旨みたっぷりの汁ごと味わえます。バター醤油や塩コショウでシンプルに味付けを。
  

どれもあっという間にできる簡単メニュー! さらに、ケータリングのイノシシ鍋も合わせて、豪華な食卓が完成しました。
 

画像1: 【作り方】

ケータリングのイノシシ鍋も、カットされた具材と調味料がすべて用意されているので、あとは鍋で煮るだけ。ジビエ料理のほかに、バーベキュー食材などのケータリングもあります。
 

画像2: 【作り方】

食事の匂いに誘われて、猫ちゃん再び。飼い猫さんなので、エサはあたえないでください、とのこと。
 

画像3: 【作り方】

お風呂はもちろんまてまてにありますが、車で10分ほどにあるホテル「奥伊勢フォレストピア」の立ち寄り湯「奥伊勢宮川温泉」の利用もオススメです。美肌の湯として、地元の人にも評判です。
 

画像4: 【作り方】

寝る前に星空観測もお忘れなく。ウッドデッキから見た星空、感動でした♥

 

ちょっとした手間も楽しめる
ここでしか体験できない旅を

至れり尽くせりの旅もいいけれど、“わざわざ” のひと手間を楽しむ旅も思い出に残るもの。地元の人と同じような生活を体験する新しい旅のスタイルを始めてみませんか? 

三重県大台町「宿屋まてまて」での “暮らすように楽しむ旅” 、後編は 4月27日(金)公開です。お楽しみに!

宿屋まてまて
三重県多気郡大台町下真手1198-2
☎080-4840-7315(Verde大台ツーリズム)
1泊¥7000/人~(税込み)(5~6名利用の場合。素泊まり)
 
道の駅 奥伊勢おおだい
三重県多気郡大台町佐原663-1
☎0598-84-1010
営業時間:8:00~18:00 

 
Cooperation:三重県観光魅力創造課 https://www.kankomie.or.jp/、Verde(ベルデ)大台ツーリズム http://verde-odai.co.jp/
Photo&Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.