スポーツのあと、そのままカフェやショッピングに。“アスレジャー” という言葉が定着する前から、西海岸でよく目にするスタイル。8人の女性に出会ってわかったのは、彼女たちは呼吸するようにスポーツをし、自分なりの生活ペースでスポーツと生きているということ。そんな彼女たちの日常はスポーツガールのお手本そのものだ。

  

日々の暮らしに馴染んだ
シンプルな習慣から得るもの

model
Olesya Malykina オレシア・マリキナ

画像1: model Olesya Malykina オレシア・マリキナ

ただ細いだけではないカーヴィなメリハリボディを手にするため、エクササイズや食生活の提案など新しいものが生まれては世界中に発信される時代。流行発信地でもあるロサンゼルスでは美意識の高い人々のファッションやライフスタイルが常に注目を集めている。そんな人々に日頃の健康法を聞くと「ハイキング」という答えが目立つ。

年間を通して降水量が少なく、山々に囲まれた街ということもあって、外でできる有酸素運動の中でもダントツで人気が高い。車中心の生活のため意識的に時間を作らないと歩く機会が極端に減ってしまうという事情もある。例えば、ハリウッドから近いラニヨン・キャニオンには男女問わず早朝から人々が集まり出す。

 
ロサンゼルスで活動するモデルや俳優たちの間でもハイキングを習得している人は多い。雑誌やカタログでファッションモデルとして活躍する一方で、ストリートブランドが立ち並ぶフェアファックスと呼ばれるエリアでショップ店員をしているオレシアもそのひとり。

自然溢れるロサンゼルスで育ったオレシアは家族と暮らしている。海にも山にも近い環境で育った彼女は外でリフレッシュする時間が欠かせない。元々体の線は細いが運動好きな彼女は気分転換やメディテーション(瞑想)を兼ねてハイキングに出掛けるようになった。
 

画像2: model Olesya Malykina オレシア・マリキナ

街が一望できる有名なハイキングスポットの中でもカルバーシティという映画の製作会社が集まる街にそびえるボールドウィン・ヒルズがお気に入り。

「ここのハイキングコースは階段になっているからヒップアップにもいいんです。そしてスモッグが少ない日には綺麗にダウンタウンから海まで見渡せるんですよ」

ここは残念ながら犬を連れての立ち入りは禁止されているが整備が行き届いたハイキングコースとして人気が高い。片道約20分の階段コースは初心者にも優しく、広々とした頂上で絶景を眺めながらストレッチをするのも気持ちいい。

オレシアのような若い女性から中高年のカップル、3往復するのが日課という筋骨隆々の男性まで、集まる人のタイプも様々でみんなそれぞれのペースで運動に精を出す。階段の高さは統一されていないが20〜25段ごとに休憩できるスペースがあるため呼吸を整えながらのぼることができるのも有り難い。

 

友人とキャッチアップがてら
ハイキングする人も

ダンスで鍛えた体で軽々とのぼり出したオレシアも頂上付近では少し息が上がっている。新陳代謝が活性化している手応えが程よい疲れとともに実感される。まずは水を飲みうっすら汗ばむ体をストレッチする。ゆっくりコースを下るともう1往復したくなるのだそう。

「元々ダンスのための体力作りに始めたんですが、朝ハイキングをするとその日一日の調子がとてもいいんです」

そしてハイキングしている女性を見ると皆、一様にレギンスを着用していることに気づく。もちろんオレシアもレギンスをはいている。海外セレブのパパラッチ写真でよく目にするレギンス姿にTシャツというスーパーシンプルな服装が通常の運動スタイルだという。

 

心地いいと感じるのは
シンプルなレギンス

「この服装でジムにも行くしダンスに出掛けることもありますよ。ハイキングの後にそのままスーパーマーケットに寄ったり、カフェやコーヒーショップに行くことも多いです」

特にここ数年 “アスレジャー” スタイルという呼び名でフィーチャーされ、ファッショナブルなアイテムとレギンスを組み合わせたスタイルが定着しつつある。おしゃれが大好きなオレシアもスポーツブランドのアイテムからロサンゼルスブランドのものまでミックスした着こなしを楽しんでいる。シーンを選ばずに着られる洋服は春の訪れとともに更なる進化を見せるアスレジャースタイルの可能性をさらに広げてくれる。

「運動をすることと、おしゃれをすることって分ける必要はないと思っています。シーンを問わず楽しめる服装であることが一番大切ですね」

 
●情報は、FRaU2018年5月号発売時点のものです。
Photo:217..NINA Coordinate&Text:Megumi Yamano

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.