スポーツのあと、そのままカフェやショッピングに。“アスレジャー” という言葉が定着する前から、西海岸でよく目にするスタイル。8人の女性に出会ってわかったのは、彼女たちは呼吸するようにスポーツをし、自分なりの生活ペースでスポーツと生きているということ。そんな彼女たちの日常はスポーツガールのお手本そのものだ。

 

どこに置かれても
自分のベースを崩さない芯の強さ

movement artist
Sandra Ruiz サンドラ・ルイズ

画像: movement artist Sandra Ruiz サンドラ・ルイズ

カリフォルニア州の南部にあるサンディエゴから国境をはさんですぐ南に位置するメキシコのティファナで生まれ育ったサンドラ。スペイン語と英語を話す彼女は太くくっきりとした眉とナチュラルな黒のウェービーヘアが印象的。子どもの頃にバレエを習っていた彼女が本格的にダンスを始めたのは23歳の時。大学でコンテンポラリーダンスとモダンダンスに出会い、それからダンスに夢中になったという。彼女のしなやかなダンスには、「動」の中に「静」を見出していくような絶妙なバランスがあり、観る人を引きつける。力強くもはかない、二面性を感じさせる表現が素晴らしい。

週に5回、ダンスとヨガのレッスンを続けている彼女がロサンゼルスに引っ越してきたのは約10ヵ月前。「ロサンゼルスに住み始めてから毎日サプライズの連続です。まるでここに住んでいることが素敵なギフトのようで、素晴らしい人々との出会いに心から感謝しているんです」と語る。ダンスやヨガはもちろん、アートや映画にも興味があるサンドラがジャンルレスで個性豊かな人々と繫がり、そこから生まれたコミュニティの輪が、いまの彼女から湧き出るインスピレーションの源になっている。

ストイックな彼女の一日は、朝目覚めてすぐのメディテーションからスタートする。呼吸に意識を集中し、頭をクリアにする。特にダンスのレッスンには集中力が必要不可欠なため、朝のメディテーションを怠る日はない。

「自分の内面と真っ直ぐ向き合うための時間ですね。頭を空っぽにして前の日のことやその日のスケジュールのことなどを一度すべてクリアにします」

まさに「静」の時間。このメディテーションはヨガを通じて学び、自分の朝の儀式として長年続いている習慣だ。そして朝ごはんを食べ、頭を徐々に「動」へと切り替えていく。

 

新旧入り交じった街で
自分らしさを追求する

画像1: 新旧入り交じった街で 自分らしさを追求する

彼女が住むハイランドパークはロサンゼルスの中でも古い街並みが残っていて、古くからの住民とローカルアーティストが共存する人気急上昇中のエリア。昔ながらの理髪店やメキシコ料理店の佇まいが好きというサンドラは歩いてカフェに出掛けたり、近くのヨガクラスに参加している。ペインティングや執筆など多趣味な彼女だけにとにかく午前中から忙しい。近所を歩き回るときはパンツにTシャツやタンクトップといった飾らないスタイルがほとんど。
 

画像2: 新旧入り交じった街で 自分らしさを追求する

最近はモダンダンスの先駆者でもあり舞踊家でもあるシモーネ・フォルティの著書『Thinking with the Body』を持ち歩き、時間ができると読んでいるそう。本の中にはレッスンについてはもちろん、人としての在り方として覚えておきたいフレーズもたくさんある。バックパックを背負い、本を片手に歩く姿はなんとも彼女らしいスタイル。モデルとしての活動もしているためファッションシューティングに参加することも。撮影ではダンスシーンを求められることもあるため、コンディションをいつも万全に整えておく。

 

エレガントに歩く姿は
カジュアルウェアでも美しい

画像: エレガントに歩く姿は カジュアルウェアでも美しい

自分らしい表現方法を多く持ち合わせる彼女だけに、自分がベストな状態でいられるための手段を熟知している。

「ときにはセージを焚いて部屋を浄化することもあります。すべての物事は繫がっていると思っていますが、常にベースにあるのは適度な運動とメディテーション、つまり自分自身です。それに気づいてから呼吸法にも気を遣っています。ダンスをしているときは無心になって体が自然と動くんですが、そうなれるために精神状態をどうコントロールできるかが自分の中で常に挑戦です」

体ひとつで表現する歓び、そしてその難しさを知っているサンドラ。常にベストでのぞむための方法というのは決して一日で手に入るものではない。ダンスレッスンが終わった後の表情はロサンゼルスの太陽のように眩しい。

「人に優しく自分に厳しく。芯の強い愛情溢れる女性が憧れです」

 
●情報は、FRaU2018年5月号発売時点のものです。
Photo:217..NINA Coordinate&Text:Megumi Yamano

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.