グルメにショッピング、ダイヤモンドヘッドを望むビーチ……と、何でもあるワイキキは、ハワイのトレンドを感じられる場所でもあり、その賑わいはいつも私たちをワクワクさせてくれます。

とはいえ、ハワイ旅行も2回目以上になると、ワイキキ以外のエリアにだって足を運びたいと思うのが当たり前。でも、本音は、やっぱりワイキキだってハズせない!! それなら、ワイキキ以外のエリアをたっぷり満喫し、最後の1泊をワイキキにするという旅のプランを立ててみては? 

たった1泊でもワイキキを最高に楽しめる、超好立地なホテル「ハイアット セントリック ワイキキビーチ」で叶える、ギュッと詰まったワイキキ旅を紹介します!

 

旅の拠点にベスト!
最大の魅力は、最高すぎる立地!!

2015年にハイアットグループの新しいライフスタイルブランドとして誕生した「ハイアット セントリック」。“中心” を意味するセントリックの名のとおり、街の中心部に位置しているのが特徴で、ホテルの中での滞在を楽しむ「ハイアット リージェンシー」に対して、どんどん出かけて街全体を楽しんでほしいという思いが込められています。
 

画像: 旅の拠点にベスト! 最大の魅力は、最高すぎる立地!!

2017年 1月にオープンした「ハイアット セントリック ワイキキビーチ」は、クヒオ通り沿いにあり、ロイヤルハワイアンセンターへは1ブロック、2016年に拡張リニューアルオープンしたインターナショナルマーケットプレイスに隣接という、まさにワイキキのド真ん中に位置します。

ワイキキ散策を楽しむには、この上ない立地でありながら、ホテル内は落ち着いた印象で、足を踏み入れた瞬間から街の喧騒を忘れさせてくれる空間です。

 

オフィスビルをリノベーション!
こだわりポイント満載の客室

画像1: オフィスビルをリノベーション! こだわりポイント満載の客室

同ホテルは、1980年に建てられたオフィスビル「ワイキキ・トレードセンター」をリノベーションしたもの。22階建てのホテルには、全230室の客室が。その中でツインルーム($529~)は45室あります。
 

 

画像2: オフィスビルをリノベーション! こだわりポイント満載の客室

ドライヤーは世界各国で話題のアメリカ発ブロー専門美容室「drybar(ドライバー)」のもの。風力◎で速乾! 実際に使ってみて、気に入ったら購入も可能です。
 


 

画像3: オフィスビルをリノベーション! こだわりポイント満載の客室

デスクの上に置かれたオリジナルのウォーターボトル。ホテル内に数ヵ所にある無料のウォーターステーション(給水器)で、お水をいただけます。ボトルは持ち帰りOKなので、街歩きする際にも役立ちそう。
 

客室内のデスクは、スライドさせて広々と使うことも可能。近隣でデリを買い込んできて、食事する際にも便利です。
 

画像4: オフィスビルをリノベーション! こだわりポイント満載の客室

コンセントだけでなくUSBポートがあったり、Bluetooth接続可能なスピーカーがあったりと、若い世代の心を掴むポイントも。
 

天然木を使い、ゆったりとした雰囲気のロビーがある8階には、日本生まれのシェフによるシーフード料理が人気のレストランと、バーを備えています。9階以上の客室に行くためには、エレベーター内のセンサーにルームキーをかざす必要があるので、セキュリティ面も安心です。

 

ホテルの1階だけでも十分すぎる!
充実のショップ群

ハイアット セントリック ワイキキビーチの1階には、世界に数店舗しかなく、稀少なコーヒーを提供している「スターバックス リザーブ バー」、人気スムージーチェーン「ジャンバ・ジュース」、アメリカの高級百貨店「ノードストローム」のアウトレット店舗「ノードストロームラック」、おなじみABCストアの新業態「デュークスレーン マーケット&イータリー」といった多彩なショップがあり、ショッピングもグルメも、ここだけでもいいかもと思ってしまうほどの充実ぶり。
 

画像1: ホテルの1階だけでも十分すぎる! 充実のショップ群

デュークスレーン マーケット&イータリーは、24時まで営業しているので、ワイキキでめいっぱい買い物を楽しんでからでも、サッと夕食(むしろ、お夜食?)を手に入れられます。デリだけでなく、生鮮食品なども販売しているので、コンドミニアムに滞在している人にもオススメ。もちろん、ハワイのお土産も販売しています。
 

画像2: ホテルの1階だけでも十分すぎる! 充実のショップ群

デュークスレーン マーケット&イータリーで購入したポケボウル(フレッシュハワイアンアヒ レギュラーサイズ$11)、パイナップル($3.99)。

 

ホテルでの朝食もいいけれど、
やっぱり人気のカフェに行きたい!

ハイアット セントリック ワイキキビーチ内のレストランでいただく朝食は、そのためだけにわざわざ足を運ぶ人もいるほどの人気とのことですが、せっかくワイキキの中心に泊まったなら、話題のカフェで朝食をいただくという選択も。
 

画像1: ホテルでの朝食もいいけれど、 やっぱり人気のカフェに行きたい!

ホテルのお隣、「インターナショナルマーケットプレイス」内にあるカフェ「Kona coffe Purveyors|b. patisserie(コナコーヒー パーベイヤーズ|ビー パティスリー)」は、連日行列が絶えない超人気店。
 

画像2: ホテルでの朝食もいいけれど、 やっぱり人気のカフェに行きたい!

ハワイ島産のコナコーヒーを使用したドリンクと、サンフランシスコで大人気のショップのペストリーがいただけます。
 

画像3: ホテルでの朝食もいいけれど、 やっぱり人気のカフェに行きたい!

ココナッツブリオッシュ($3.95)とラテ($4.75)。ほどよい甘さで朝からペロッと食べられるメニューです。

 

1泊でもワイキキを堪能し尽くせる
快適&安心なホテル

限られた時間の中で、やりたいことを効率よくこなしていくためには、アクセス至便な場所を滞在先に選ぶというのも大事なこと。客室を出てエレベーターに乗って、1階についたらもうワイキキの真ん中だなんて、最高すぎませんか? セキュリティも◎で女子旅にもオススメなハイアット セントリック ワイキキビーチから、街歩きを楽しみましょう!

ハイアット セントリック ワイキキビーチ
349 Seaside Avenue, Honolulu, Oahu, HI
☎808-237-1234
※宿泊料金とは別にリゾートフィーの支払いが必要です。

 
Cooperation:ハワイ州観光局 https://www.gohawaii.jp/
Photo&Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.