大人になるにつれ、“家族”間でトラブルを抱えている人が、実はとても多いことに気付かされます。

定番の嫁姑問題に始まり、実の兄弟姉妹との確執、そして最近よく耳にする毒親の話、かたや母親の死による家族崩壊、小さな愚痴から人生を左右する大問題まで……。

 

>最初から読む!

 

「家族ってやつは……」

永遠に否定できない “血のつながり” があるからこそ、その問題は長く尾をひいてしまい、“家族なんだから” という倫理的な思考と時間が、その問題を雪解けへと誘うのですが……。

長く一緒に生活をしてきて、相手も自分もそんなことじゃ変わっていないことは想像に難くなく。

とすると、ここでまた接触するとあの頃のように自分の心に波風立つのは必然、もしくはもっと大きな問題が勃発する確率がかなり高い! やはりこれ以上距離を縮めることは危険だ!とすぐに自分の中の警報機が鳴り始め、結局平行線をたどってしまう。

時間が解決してくれない “ややこしい難題” として君臨するわけです。

>次ページはこちら!

  

PRIVATE PHOTOS

どうしても女の子のものが作りたくなり……友人の娘さんに(笑)。

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura
1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

This article is a sponsored article by
''.