大人になるにつれ、“家族” 間でトラブルを抱えている人が、実はとても多いことに気付かされます。

定番の嫁姑問題に始まり、実の兄弟姉妹との確執、そして最近よく耳にする毒親の話、かたや母親の死による家族崩壊、小さな愚痴から人生を左右する大問題まで……。

 
>最初から読む!

 

「家族ってやつは……」

もちろん “家族” は幸せの根源であり、私にとって夫と二人の息子はかけがえのない存在です。また、血のつながっていない “家族”、義母や義妹は、今の私の心の拠り所です。

では、結婚する前、自分がそれまで長らく共に生きてきた “家族” はどうか?

勿論ここまで立派に育ててもらったという恩義はあります。が、そんなことは百も承知で、それとは別に、成長し自分の視野が広がることで客観的に見えてくることも多々あります。同じ両親に育てられた姉妹でも、こうも違うか!というほど価値観がずれていてビックリすることも度々。

友人なら許せても “家族” だから許せない、そんなことも……。

“家族” という括りが、綺麗ごとじゃ済まされない、時として一番やっかいなトラブルを引き起こすトリガーになってしまうなんて、大人になるまで知る由もありませんでした。

 
>次ページはこちら!

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura
1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

This article is a sponsored article by
''.