初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、茨城県を案内していただいたのは、水戸芸術館 現代美術センター・キュレーターの山峰潤也さん。

現代アートや映画製作が身近で、もの作りが盛ん。山も海も平野もあり、美食の宝庫である「水戸」。地元民が “あまり人に教えたくない” 秘密スポットを含む、見どころ満載な水戸を山峰さんと歩きます。

 

音楽、演劇、美術が一度に楽しめる
水戸芸術館 ART TOWER MITO

シンボルの塔は高さ100m! 

水戸芸術館は、コンサートホール、劇場、山峰さんが学芸員を務める現代美術ギャラリーが併設された複合文化施設。市民による “水戸市芸術祭” のほか、今秋には霧のアーティストとして国内外で活躍する中谷芙二子さんの企画展を開催予定。

「幅広い人たちの興味を刺激する企画をしたいです」と山峰さん。
 

画像: 芸術館のエントランスには、巨大なパイプオルガンを設置。週末の昼には無料のコンサートを開催。

芸術館のエントランスには、巨大なパイプオルガンを設置。週末の昼には無料のコンサートを開催。
 

水戸芸術館
茨城県水戸市五軒町1-6-8
☎029-227-8111
営業時間:9:30~18:00
定休日:月(祝日の場合は、翌日休み)、年末年始

 

Event Information
2018年5月の茨城 イベント情報

~5月13日
第34回水戸のつつじまつり

鮮やかに咲き誇るたくさんのつつじを日本三名園である偕楽園などで楽しめる。

会場:偕楽園、千波公園、水戸市森林公園
☎029-224-0441(水戸観光コンベンション協会)
http://www.mitokoumon.com/

 
~5月中旬
竜神峡鯉のぼりまつり

竜神ダム上空に子供の健やかな成長を願う約1000匹の鯉のぼりが泳ぎ、新緑の美しい竜神渓谷を彩る。

会場:竜神大吊橋周辺
http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/event.html

 
~6月3日
地球の彩りを宇宙から「しきさい」と新たな宙そらを切り開く「つばめ」展

気候変動観測衛星「しきさい」と、超低高度衛星技術試験機「つばめ」を紹介。

会場:筑波宇宙センタープラネットキューブ
時間:10:00~17:00 ※5月7日、21日休館
http://fanfun.jaxa.jp/

 
~6月10日
変形菌―ふしぎ?かわいい!森の妖精―

実は私たちの身近にいる変形菌。さまざまな角度から摩訶不思議な生き物、変形菌の魅力に迫る展示。

会場:ミュージアムパーク茨城県自然博物館
時間:9:30~17:00 ※月曜休館
https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/kikaku/123/index.html

 
~7月1日
フィンランド 陶芸 芸術家たちのユートピア コレクション・カッコネン

フィンランド芸術を紹介する「フィンランド陶芸展」と、「マリメッコ・スピリッツ展」を同時開催。

会場:茨城県陶芸美術館
時間:9:30~17:00 ※月曜休館
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/index.html

 

PROFILE

山峰潤也 Junya Yamamine

水戸芸術館 現代美術センター・キュレーター。東京都写真美術館、金沢21世紀美術館を経て現職。

 
●情報は、2018年5月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine


▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.