息子が小学生になり、親である私の世界も一気に広がりました。もっと言えば、退社してから今までとまったく違う方向へ世界がどんどん広がっていく感じです。

携帯には新しい連絡先が次々と登録され、連絡する人・くれる人がガラッと変わりました。

 
>最初から読む!

 

「男ってやつは……」

そうそう、そのパパ友が言っていましたが、男性は年齢によって上下関係がはっきりしてしまうけど、女性は年齢や仕事に関係なくフランクに接してくれるから、女性のほうが気を遣わず話せる、と。

男性ってそうなんですね。確かにそのブランチでも、上から下まで年齢差はおそらく10歳近くあったと思いますが敬語はほとんど出ませんでした。これが男性だったら、瞬時に自分より上か下かを判断するんですって。

そのパパ友が体育会運動部出身だからかな?と、帰宅部(自称サーフィン同好会)だった主人にも聞いてみましたが、やはり男性は “上か下か” がとても重要だそうで、それは子供の頃から始まっているそうです。

以前、「なぜ、のび太君はあんなにジャイアンやスネ夫にいじめられているのに、大人になってもまだ仲良くしているの? 女性だったら絶対にありえない! 連絡とらないよ~」と主人と話していた時も、「いじめが陰湿ではないし、力関係が明らかだから……兄弟に近いのかな。男はそういうもんなんだよ。」と。

 
>次ページはこちら!

 

PRIVATE PHOTOS

画像: PRIVATE PHOTOS

久々に家族で遠出しました。

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura
1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

This article is a sponsored article by
''.