2018年 5月30日より、国立新美術館を会場にルーヴル美術館のコレクション約110点が揃う「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」が開催されます。“展覧会の顔” とも言うべきオフィシャルサポーター・音声ガイドには俳優の高橋一生が就任!

 

豊富なコレクションが
一堂に会す、貴重な展覧会

画像1: 豊富なコレクションが 一堂に会す、貴重な展覧会

フランス・ルーヴル美術館の全8部門が協力して開催される「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」では、“もっとも長い歴史を持つ” とも言われている肖像芸術の魅力や特質を紹介。3000年以上も前の古代メソポタミアの彫像から19世紀ヨーロッパの絵画や彫刻まで、さまざまな時代を彩ってきた作品を通し、肖像芸術の社会的役割や表現を紐解いていきます。

注目は、16世紀ヴェネツイア派の巨匠ヴェロネーゼによる《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》。ルーヴル美術館の中でも最高傑作と評され、27年ぶりの来日となる傑作です。
 

画像2: 豊富なコレクションが 一堂に会す、貴重な展覧会

日常的に美術展に触れたり、美術館を訪れたりしているという高橋一生は、音声ガイドのナレーションを担当するのは初めて。「眠くなられないように、分かりやすく、聞き取りやすい声で臨みました」とコメント。貴重なコレクションをうっとりするような声とともに楽しめます。貴重な機会をぜひお見逃しなく!

ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
会場:国立新美術館 企画展示室1E
東京都港区六本木7-22-2
開催期間:2018年5月30日(水)~9月3日(月)
開館時間:10:00〜18:00、金・土〜20:00(7・8・9月の金・土〜21:00) ※入場は閉館30分前まで
休館日:火 ※8月14日は開館
観覧料:当日一般¥1600、大学生¥1200、高校生¥800、中学生以下無料

 
Text:kyoko kayama

  

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.