暮らしの質が変わるから、部屋は常に快適な空間を心がけたい。ここでは毎日が心地よく過ごせるインテリアと、仕事が楽しくなる次世代家電など、暮らしをアップデートするために必要な5つのキーワードを紹介します。今回のテーマは、「部屋をクリエイティブに飾るアートワーク」です。

ポップアートや写真は実は配置が難しいもの。まずはあまり考えすぎず、壁に貼ったり置いたり、好みのものを集めて自由にできる場所を作ってみましょう。レイアウトをし続けることが、創造性を高める第一歩。

 

白壁を個性豊かなポップアートで彩る

アート¥80000(キャンベル ラパン)

壁に飾るだけでアクセントになるポップアートは、まずは自分の好きなアートや写真をチョイスすることから! 

 

BOHOチックな温もりを与える
マクラメの壁飾り

マクラメ¥50000/チャオパニック・カントリーモール(ソル‐マクラメ)

宮崎県在住の葛西晃によるマクラメのブランド。装飾的なねじりでヒモを結んだハンギングは、温もりのある素材感でリラックスムードを漂わせてくれる。

 

観葉植物は鉢カバーとの
バランスを心がける

左・プランター¥14400、右・グリーン¥12000/トランシップ 他スタイリスト私物

鉢をドレスアップすることでインテリアとしての完成度が高まる観葉植物。鉢をブルーに変えるだけで部屋全体が引き締まった印象に。

 

オブジェにもなる
花のペーパーウェイト

花のペーパーウェイト¥4900/ボーコンセプト青山本店(ボーコンセプト)

小さな球体に本物のフワラーを閉じ込めたペーパーウェイト。どの角度から見ても美しく、テーブルやキャビネットの上に置けばオブジェ代わりに。

 
ヘッダー画像:アート¥80000~/&Collection(ピヤタット・ハマタット) 

●情報は、FRaU2018年6月号発売時点のものです。
Photo:Akiko Baba Interior styling:Ryosuke Ito Props:Awabees Text:Megumi Otake

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.