お気に入りの調理道具を使うのは、料理を食べるのと同じくらい楽しいこと。特に毎日使う鍋やフライパンはルックスと同時に利便性を兼ね備え、かつ長く愛用できるものを選んでいきたい。料理好きも初心者も、基本となるキッチン用具を充実させることで、レシピの幅が広がること間違いなしです!

 

中村銅器製作所の玉子焼鍋
工房アイザワのケトル

画像: 銅玉子焼き鍋¥7000(中村銅器製作所)、ストレートケトル¥7400(工房アイザワ)/cotogoto ☎03-3318-0313

銅玉子焼き鍋¥7000(中村銅器製作所)、ストレートケトル¥7400(工房アイザワ)/cotogoto ☎03-3318-0313

旨みを逃さない熱伝導率の高い銅板は、均等に熱を行き渡らせてくれるので、味わい深い玉子焼きに仕上げてくれる。細い注ぎ口が特徴の寸胴型ケトルはコーヒーをドリップするときに使いやすいので重宝しそう。

  

KAICOのケトル&片手鍋

画像: ケトル¥9500、片手鍋¥8000/フォームレディ(カイコ)☎06-6242-8282

ケトル¥9500、片手鍋¥8000/フォームレディ(カイコ)☎06-6242-8282

透明感のある美しいホーローのケトルはキッチンを明るい印象にしてくれる。安定感のある底広のフォルムと、安心して持てる木の取っ手は、このブランドならではの計らい。お鍋とおそろいでキッチンに置いても絵になるので、調理具としてはもちろんインテリアとしても活躍しそう。

 

ACQUPAの両手鍋

画像: オーバルポット 大¥6500、中¥5500、小¥4500/和平フレイズ(アクーパ)☎03-3805-7534

オーバルポット 大¥6500、中¥5500、小¥4500/和平フレイズ(アクーパ)☎03-3805-7534

煮込み料理に便利な楕円型の両手鍋。アルミ素材を使用しているので通常の鍋より軽く、フタを外せばオーブン料理も可能に。フッ素樹脂加工を施しているのでお手入れしやすく、汚れが簡単に落とせるのも嬉しい。大中小のサイズ展開で、あらゆる料理に対応してくれる。

 

家事問屋のホットパン

画像: ホットパン¥12000/cotogoto(家事問屋)☎03-3318-0313

ホットパン¥12000/cotogoto(家事問屋)☎03-3318-0313

IHとオール熱源対応が可能なホットパンは、二重構造でたくさんの具材を入れてもはみ出すことなく美味しいホットサンドに仕上がる。上皿と下皿を知恵の輪のような特殊な構造(蝶番)でつないでおり、グリルパンとして別々でも使用可能。フッ素樹脂加工を施しているので洗いやすいのも◎。

 

SCANPAN IQシリーズの
フライパン&ソテーパン

画像: 上・フライパン〈20cm〉¥16000、下・ソテーパン〈蓋付き24cm〉¥30000/エス・アンド・ケー(スキャンパン)☎03-5422-7201

上・フライパン〈20cm〉¥16000、下・ソテーパン〈蓋付き24cm〉¥30000/エス・アンド・ケー(スキャンパン)☎03-5422-7201

熱伝導性と保温性を両立させたデンマークの名品。食材の水分、栄養分などが流れ出るのを最小限におさえ、短時間で調理が完了。環境にも優しく、新たな資源を使わないようリサイクルされたアルミニウム素材を使用している。

 

STAUBのホーロー鍋&スチームグリル

画像: 上・ココットオーバル〈23cm〉¥26000、下・スチーム&グリル〈26cm〉¥21000/ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン(ストウブ)☎0120-488712

上・ココットオーバル〈23cm〉¥26000、下・スチーム&グリル〈26cm〉¥21000/ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン(ストウブ)☎0120-488712

魚が丸ごと調理できる楕円のホーロー鍋は、黒マットエマイユ加工によって熱まわりにムラがなく保温性を持続。“蒸す” “グリル” をひとつで実現できるパンとガラス蓋のセット。ガスの直火、オーブン、IHにも対応。

 
●情報は、FRaU2018年6月号発売時点のものです。
Photo:Tomokatsu Noro(Trival) Interior styling:Naomi Ikeda Props:Awabees Text:Megumi Otake

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.