皆様、こんにちは。シンガポールに駐在をしているKanakoです。先週末は主人と台湾で待ち合わせて美味しいお食事を楽しんで参りました。日本からもシンガポールからも、4時間前後で行けてしまう台湾。本当に、何を食べても美味しくて、「夕飯食べるためだけにでもまた来たい!」そんな風に思いました。

 

着いたらまずは、定番のソウルフード
「魯肉飯(ルーロウファン)」

画像1: 着いたらまずは、定番のソウルフード 「魯肉飯(ルーロウファン)」

シンガポールの同僚に勧められ、西門町にある「天天利(ティアンティアンリ)」を訪れました。ご飯に煮込んだお肉を乗せただけといういたってシンプルなルーロウファン。
 

画像2: 着いたらまずは、定番のソウルフード 「魯肉飯(ルーロウファン)」

同僚のオススメに従って、追加で半熟卵を乗せたのですが、とろーりとした黄身と甘みのあるお肉が絡み合って、本当に美味しかったです。一杯100円もしないなんて、ローカルのご飯は経済的です。

 

夕飯はずっと食べてみたかった
白菜鍋のお店へ!

画像1: 夕飯はずっと食べてみたかった 白菜鍋のお店へ!

こちらもお友達からオススメされたので訪れてみたのですが、今まで食べたお鍋の中でも一番美味しいと思いました。
 

画像2: 夕飯はずっと食べてみたかった 白菜鍋のお店へ!

酸味のある白菜がたっぷりと入ったお鍋なのですが、この酸っぱさが女性には堪らないのです。
 

画像3: 夕飯はずっと食べてみたかった 白菜鍋のお店へ!

置いてあるタレを全部少しずつ入れて混ぜると、白菜の酸味と不思議なほど合って美味しさが倍増。終始、感動しっぱなしでした。

 

台北5つ星ホテル。1日の終わりは、
メイフルホテルで旅の疲れを癒やす

画像1: 台北5つ星ホテル。1日の終わりは、 メイフルホテルで旅の疲れを癒やす

ホテル選びは旅の重要なポイントですが、今回はメイフルホテルに泊まってみる事にしました。中心地から少し離れているので、不便かな? と心配していたのですが、タクシーに乗ったら、ウェイルーのある大安から15分程度で到着。台湾は地下鉄もUberもシンガポールと同じ様に使えて便利ですね。タクシー代も安くて良心的です。
 

ホテルのお部屋は、新しくてスタイリッシュ。それでいて広々としていて、一泊二日の慌ただしい旅の疲れを十分に癒やしてくれます。
 

画像2: 台北5つ星ホテル。1日の終わりは、 メイフルホテルで旅の疲れを癒やす

冷蔵庫の中の飲み物はフリーだそうです。
 

画像3: 台北5つ星ホテル。1日の終わりは、 メイフルホテルで旅の疲れを癒やす

そして、充実のアメニティ。クタクタなのに、寝るのが勿体無い気分にさせられます。初めて泊まったホテルでしたがお部屋もサービスも充実していて、とってもオススメです。

翌日はホテル近くの故宮博物院でゆっくりし、昼食に小籠包を食べて慌しく台湾を後にしました。週末に気軽に遊びに行ける台湾。本当に近くて美味しくて最高の場所です!

天天利(ティアンティアンリ)
台北市萬華區漢中街32巷1號
☎02 2375 6299
営業時間:9:30~23:00
 
圍爐(ウェイルー)
台北市大安区仁愛路四段345巷4弄36号
☎02 2752 9439
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜21:30
 
Grand Mayfull Hotel Taipei(メイフルホテル)
台北市中山區樂群二路55號
☎02 7722 3399

 

PROFILE

kanako
10年間勤めている会社から駐在辞令を受けて、2017年よりシンガポール在住。日本に住む夫とは離れてしまい、現在、単身赴任中。夫婦で周辺諸国に旅行をしながら、アクティブに遠距離婚を楽しんでいます。

 

▼こちらのブログもチェック!

This article is a sponsored article by
''.