局アナ時代、若手とも中堅ともとれるくらいの微妙な年次の夏の頃。その年はオリンピックイヤーで、現地に派遣されないアナウンサーも誰が誰の代行に入るか、またそれによる玉突き代行などのイレギュラーな仕事があふれ、アナウンス室もワサワサしていました。

 

「無駄なこと」

ちょうどその頃、週末の夜のスポーツ番組を担当していた私は、平日担当の先輩アナウンサーが現地に行くということで、その期間、1ヵ月弱、平日と週末まるまるその番組を担当することになりました。

加えて、平日は夕方のニュース番組でフィールドキャスターという名の現場取材を担当していたので、そのニュース内の芸能コーナーやスポーツコーナー担当の先輩が夏休み中の代行も担当することに。

さらにさらに、午前中は情報番組のMCの代行をしていたので、なんとこの時期、1日3本の生放送を “代行” するという、レギュラーの仕事より代行で忙しい、怒涛の “代行月間” を過ごしたことがあります。

朝家を出る30分前に起き、シャワーだけ浴びて家を飛び出し、打ち合わせ中にサンドウィッチを頬張り午前中の生放送に出演、報道用の衣装に着替えたら午後は車内でコンビニで買ったおにぎりを食べながら取材に向かい、帰社後に夕方のニュースに対応。

終ってアナウンス室に戻り本日三度目の着替えを済ませたら、スポーツ局に行きスタッフとオリンピックの放送を見ながらお弁当を食べて、深夜にその結果を伝える。

ほとんどが代行の慣れない環境でのそんな1ヵ月。今振り返っても、あの夏が一番忙しかったな、と感じるほどです。

   
>次ページはこちら!

 

PRIVATE PHOTOS

画像: PRIVATE PHOTOS

母校に行って来ました!109の総支配人小西さん・やくみつるさん・椿鬼奴さん・デーモン閣下。なんとも濃~い卒業生の皆さんです(笑)。

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura
1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

 

▼前回の記事はコチラ!

This article is a sponsored article by
''.