森ビルとチームラボがタッグを組み創り出した、世界に類のないデジタルアートミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」が、2018年6月21日(木)に遂にオープン! 開館に先立ち披露されたミュージアムの一部をお届けします。

 

境界のない空間に没入する
新感覚のミュージアム

画像: 人が居る所で水が割れ、別の作品から飛び出したカラスが書の作品にぶつかると、その書がもつ世界観がアートになって出現します。

人が居る所で水が割れ、別の作品から飛び出したカラスが書の作品にぶつかると、その書がもつ世界観がアートになって出現します。

「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」は、チームラボのフラッグシップ施設かつ、東京初の常設ミュージアム。約10000㎡ という巨大空間は、5つの世界で構成され、世界初公開作品を含む約50作品が展示させます。“ボーダレス” のコンセプトのもと、作品と作品、作品と鑑賞者、自己と他者との間に境界がないのが特徴です。
 

画像: 境界のない空間に没入する 新感覚のミュージアム

チームラボ代表の猪子寿之さんは「順路がなく、景色もどんどん変わり、アートも動いています。知らない世界をさまよいながら没入し、自分の身体で探索して、発見をしていく体験をしてもらえたらと思います」とコメント。

 
1. Borderless World

会場に入るとまず現れる空間は「ボーダレスワールド」。暗闇の中に映し出されたアートは、人の動きや作品同士に影響され、刻々と変化していきます。そのような作品群による、境界のない1つの世界が「ボーダレスワールド」です。

全身が花で描かれた動物に触れると、花が散ったり鳴き声を上げたりする「花の森で生まれ、花と共に生きる動物達」や、新作アート「地形の記憶」などが展示。小部屋や鏡がランダムに設置され、幻想的なアートが永遠と広がる空間がどこまで続くのかという不安を覚えつつも、その世界へと没入していく感覚に。

 
2. チームラボアスレチックス 運動の森

初公開となるプロジェクト「チームラボアスレチックス 運動の森」は、“身体で世界を捉え、世界を立体的に考える” をコンセプトに、 脳の海馬を成長させ、空間認識能力を鍛える創造的運動空間です。

“高く飛び跳ねたり沈んだりする空間” や “空中の揺れる吊り棒渡り” といった、複雑で立体的な空間で、身体ごとインタラクティブなデジタルアート空間にのめり込むことで、好奇心を刺激し想像力を働かせることに繋がります。

 
3. 学ぶ!未来の遊園地

「学ぶ!未来の遊園地」は、共創(共同的な創造性)のための教育的なプロジェクト。子供も大人も関係なく、他者と共に自由に創造することを楽しみ、クリエイティビティを育む遊園地です。

 
4. ランプの森

画像: ランプがどこまでも広がる空間は、息をのむ美しさ。

ランプがどこまでも広がる空間は、息をのむ美しさ。

壁も床も鏡張りの空間に、ベネチアン・グラスでできたランプが無数に吊り下げられている「ランプの森」。人がランプに近づくと、強く輝き音色を響かせ、最も近い2つのランプに伝播します。同じようにランプの光が次々と伝わり、最初のランプに戻ってくることで、幻想的な光のラインが描かれます。

 
5. EN TEA HOUSE

画像: お茶を飲み進めると、量に合わせて花の大きさが変化します。

お茶を飲み進めると、量に合わせて花の大きさが変化します。

食の文化的背景をデジタルアートで拡張したい、という思いから誕生した「EN TEA HOUSE」。肥前でつくられた「EN TEA」が注がれた茶器の中に、花が咲いていく作品を体験できる空間です。
 

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス
東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
営業時間:11:00~19:00、金・祝前11:00~21:00、土10:00~21:00、日・祝10:00~19:00(最終入館は閉館1時間前)※営業時間はシーズンによって異なります。
休館日:第2・第4火
入場料:高校生以上¥3200、4歳以上¥1000 ※EN TEA HOUSE(カフェ)は、別途料金がかかります。
https://borderless.teamlab.art/jp/

 
非日常のアート空間は、毎回、新たな体験を楽しむことができるはずでしょう。今回ご紹介できなかった作品も、盛りだくさん。皆さんも実際に体感してみて。

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.