初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、沖縄県を案内していただいたのは、夫婦で人気雑貨店を営む麦島美樹さん。

もしも、まるっと一日休みがあったら……。地元民の暮らしに寄り添う、自然あり、美食ありのお出かけスポットをご紹介。麦島さんとともに、うちなーんちゅ(沖縄の人)が通うとっておきのパワースポットを歩いて、心に栄養を!

 

素材をシンプルに楽しむ
酵母パンとスープと喫茶

パン屋 水円

深い緑の中にポツンと佇む、まるでおとぎ話に登場するようなパン屋さん。温かな雰囲気の店内ではご主人・想一さんがパンを、奥様・香さんがスープと喫茶を担当している。天然酵母は、玄米、小麦、黒糖、芋類で育て、バターや卵、牛乳を使わずにパンを焼く。嚙むほどにじんわりと口の中に広がる味わいを求め、県内外からお客さんが訪れる。
 

画像1: パン屋 水円

黒糖の蒸しパン¥220(税込み)。県産パイナップルと甘酒のベジスコーン¥380(税込み)。島バナナとココナッツのパン¥250(税込み)。パンは売り切れ次第終了。
 

画像2: パン屋 水円

看板娘のロバのわらちゃん。驚かせないように近付いて。

パン屋 水円(すいえん)
沖縄県中頭郡読谷村座喜味367
☎098-958-3239
営業時間:10:30~日暮れ
定休日:月・火・水
http://www.suienmoon.com

 

生産者の顔や声を届ける
小さい農家の応援隊!

ハッピーモア市場

画像1: ハッピーモア市場

旬の島野菜に出会える、農作物の市場。農家が自ら値付けをし、農薬量を自己申告する。バーコード上のマークで確認できることから、健康志向のローカルが口コミで集まり、そのほとんどがリピーターに。
 

市場の野菜をふんだんに使った野菜カレー(¥734~/税込み)、薬草や自家製野菜酵素、ビーツなどを加えた各種スムージー(¥378~/税込み)も大人気。
 

画像2: ハッピーモア市場

スムージーに使う薬草は、市場の中にある畑から摘む。けっこう苦いが、クセになってしまう味。
 

画像3: ハッピーモア市場

夏場になると、マンゴーやパイナップル、パッションフルーツなどの南国フルーツがずらりと並ぶ。県外への発送も可能。

ハッピーモア市場
沖縄県宜野湾市志真志1-247-1
☎098-896-0657
営業時間:10:00~18:00
定休日:日
http://happymore.jp/

 

PROFILE

麦島美樹 Miki Mugishima

東京から沖縄に移住。夫の哲弥さんと一緒にPORTRIVER MARKETから “地球に優しい暮らし” を発信中。

 
●情報は、2018年6月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Satoshi Ogawa

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.