山の夜はとても静か。緑の香りと虫の鳴き声だけに包まれた暗闇は、映画を見るのにこの上なく最適な空間。タープを活用して紐とクリップで白い布を吊るせば、あっという間に特大スクリーンの完成です。真夏でも、時に山の夜はヒンヤリするから、ブランケットに包まりながら……。自分たちだけの星空映画祭を開催するのはいかがでしょうか。

今回は、キャンプで観てほしいおすすめの映画と必需品であるプロジェクターをご紹介します。これで、今年の夏も一層楽しめるはず。

 

野外映画は iPad & iTunes

電源と電波が確保できない山で映画を見るためには、いくつかの準備が必要です。まず、見たい映画は事前にiTunesで購入してダウンロードを完了させておくこと。また、映画をスマートフォンに保存していて見終わったら電池切れで使えない! なんてことにならないように、映画用のiPadなどを準備して映画はそちらに保存しておきましょう。

  
Recommend Movies

『STAND BY ME』
(1986年)

「森の奥に行方不明の子供の死体がある」という噂を聞いた4人の少年たちが、好奇心から死体探しの旅に出るというストーリー。少年たちが広大な自然を旅する姿は、野外で見るにはぴったり。何度見ても心が躍る作品です。

 

『リトル・フォレスト 夏・秋』
(2014年)

都会から故郷の山村に帰ってきた主人公が、自給自足の生活をしながら生きる力を充電していく。レストラン「eatrip」の野村友里さんがディレクションを務めた作中の料理は、どれも最高に美味しそうで山で作ってみたくなるものばかりです。

 

プロジェクターには
これがオススメ!

画像: スマートビーム アート¥39900/ロア・インターナショナル

スマートビーム アート¥39900/ロア・インターナショナル

スマートフォンなどの端末につないで映像を映し出せるプロジェクターなら使いやすく、アウトドアにもピッタリです。

 

星空映画祭の
はじまり、はじまり……

画像1: 星空映画祭の はじまり、はじまり……

お気に入りのクッションもたくさん持って行きましょう。
 

画像2: 星空映画祭の はじまり、はじまり……

ポータブルスピーカーもあると、臨場感がさらにアップします。

この夏、ぜひ友達や家族と「キャンプシネマ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
●情報は、FRaU2016年8月号発売時点のものです。
Photo:Akira Honda(BE NATURAL/Model) Hair&Make-up:Yuya Nara(SHIMA) Styling:Kana Tanaka Models:Shen Tanaka, Mariko, Sen, Ricardo Text:Ako Tsunematsu

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.