ぼんやりと焚き火を見つめながら他愛もない話をして、ゆったりと時が過ぎるのを楽しんでみて。パチパチという燃える音も心地よいし、刻々と表情を変える火はいつまで見ていても飽きないはず。

炙ったマシュマロはそのまま食べても美味しいけど、さらに一工夫するのがこだわり。甘いマシュマロとチョコレートに素朴なグラハムの味が相まって、絶品スイーツに♡

今回は、焚き火のおこし方とスモアの作り方をご紹介。焚き火の灯かりに照らされて、ロマンチックな雰囲気を楽しめます。

 

焚き火のおこし方

1. 一番太い薪を2本台木にする

画像: 1. 一番太い薪を2本台木にする

太めの薪を2本交差して置き、台座を組む。こうすることで、火が長時間もつようになる。

 
2. 丸めた新聞紙と着火剤を仕込む

画像: 2. 丸めた新聞紙と着火剤を仕込む

着火剤と新聞紙を置き、中太の薪を交差させながらなるべく高さがでるように組んでいく。

 
3. 細めの薪や小枝を積み重ねる

画像: 3. 細めの薪や小枝を積み重ねる

細い薪を積み重ねていく。中太の薪と細い薪がティピーのようなドーム型になるように組むのがポイント。

 
4. 着火剤と新聞紙に点火!

画像: 4. 着火剤と新聞紙に点火!

着火剤に点火する。薪に火がつくとパチパチと音が出始めるので、焦らずに待つ。着火剤と新聞紙が燃え尽き、一番太い薪の火が落ち着いたらOK。

 

スモアの作り方

グラハムクラッカーやチョコレートの袋は開けてすぐ出せるよう準備して。マシュマロを枝に刺し、火に近づけましょう。マシュマロの表面が色づいてパリッとし、内部が十分に溶けてトロトロになっているのがベストな状態。チョコレートと一緒にグラハムクラッカーでサンドして、マシュマロの熱でチョコレートがほんのり溶けたら出来上がりです。
 

画像: スモアの作り方

ぜひこの時間は、音楽をかけずに夜の山から聞こえる自然の音を楽しんでみて。非日常感を味わううちに心もすっかり癒やされてしまうはずです。

また、スモアだけではなく、ほかの食べ物を火に近づけて味わってみるのもおすすめです。

 
▼キャンプの夜は楽しい!
 こんな過ごし方もアリ

 
左・Gジャン¥28000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(A.P.C.) サンダル¥7300/デッカーズ ジャパン(テバ) デニムショーパン/スタイリスト私物
中央左・シャツ¥14000/ハリウッド ランチ マーケット ブレス¥11000/サンタモニカ原宿店 中に着ているベスト¥4100/デスペレートリビング ニットジャンプスーツ¥38000/スノーピーク
中央右・プルオーバーパーカ¥36000/スノーピーク チノパン¥14000/カーハート WIP ストア トーキョー(カーハート WIP) ネックレス¥3800/Long Beach バケットハット¥5800/ファンクション ジャンクション(オベイ) 時計/私物
右・ロンT¥6800/TOXGO 、ロンTに重ねて着たメッシュパーカー¥5800/ヌード トランプ スウェット¥12800/ステューシー ジャパン(ステューシー) ソックス/スタイリスト私物 スニーカー¥14490/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス)

●情報は、FRaU2016年8月号発売時点のものです。
Photo:Akira Honda(BE NATURAL/Model) Hair&Make-up:Yuya Nara(SHIMA) Styling:Kana Tanaka Models:Shen Tanaka, Mariko, Sen, Ricardo Illustration:Yoshifumi Takeda Text:Ako Tsunematsu

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.