ハワイ、オアフ島のカハラ地区に位置する老舗ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート(以下、ザ・カハラ)」。

各国の高官やセレブリティからも定評がある、きめ細やかなサービスや、絶好のロケーションもさることながら、ここで味わえる上質な料理の数々も見逃せません。

今回は、ザ・カハラで堪能したい「朝食」「ランチ」「ディナー」「スイーツ」、それぞれのオススメをご紹介します。

 

▼ザ・カハラとは?

 

Breakfast
名物 “くるくる” パンケーキ

朝食は、ビーチに面したカジュアル・レストラン「プルメリアビーチハウス」で提供するビュッフェ($38)が一押し。

メニュー豊富で目移りしてしまいますが、ザ・カハラの名物料理「シンパンケーキ(薄焼きパンケーキ)」は必食です。
 

画像1: Breakfast 名物 “くるくる” パンケーキ

小麦粉、砂糖、塩のみで作られたシンプルなパンケーキミックスに、卵、ミルク、バニラエッセンスを加え、薄く焼き上げたパンケーキをくるくる巻いた特徴的なフォルム。ホイップバターとメイプルシロップを混ぜたシロップがたっぷりかかっています。
 

画像2: Breakfast 名物 “くるくる” パンケーキ

優しい甘さともっちりとした食感が絶妙で、2本、3本……とペロリといけます。
 

好きな具材をチョイスしてシェフに渡すと、その場でオムレツを作ってもらえるコーナーも。お味噌汁やお蕎麦、納豆などが並ぶ和食コーナーもあるので、長期滞在で和食が恋しくなってもOKです。

 

Lunch
ザ・カハラスタイルのポケボウル

画像1: Lunch ザ・カハラスタイルのポケボウル

「プルメリアビーチハウス」は、ランチメニューも充実しています。なかでもオススメはハワイアンフードの定番「ポケボウル」。

一般的にポケボウルと言えば、ゴハンの上にポケがドンッと乗っているシンプルフードですが、ザ・カハラのポケボウルは一味違います。
 

画像2: Lunch ザ・カハラスタイルのポケボウル

リム・アヒ(ハワイ産マグロ)、リム・タコ、ハマチ、サーモン、玉ねぎ、トビコ、ラディッシュピクルス、キュウリ、オゴ(海藻)が酢飯の上に美しく並んだ「ザ・ビーチハウス ビッグポケボウル」($25)。彩りの良さも食感や味の変化も楽しい一皿です。
 

画像3: Lunch ザ・カハラスタイルのポケボウル

アイスティーとパイナップルジュースをミックスした「プランテーションアイスティー」($7)と一緒にぜひ。

 

Dinner
美食家も唸る斬新なイタリアン

画像1: Dinner 美食家も唸る斬新なイタリアン

ホノルルのベスト・イタリアンレストランに選ばれた本格派イタリアン「アランチーノ」が、「アランチーノ・アット・ザ・カハラ」として出店。

アラカルトも充実していますが、3種類から選べるコース料理(4品のFour Course $65~)なら、追加料金でソムリエの田崎真也氏監修のワインペアリングを楽しむこともできます。

 

画像2: Dinner 美食家も唸る斬新なイタリアン

店名を冠したシグネチャーカクテル「アランチーノ」($12)は、オレンジの香りが爽やかで食欲をそそります。

 

Sweets
お土産No.1のチョコレート

画像: Sweets お土産No.1のチョコレート

ザ・カハラのお土産の定番と言えば、「チョコレートマカダミアナッツ」。1964年のホテル創業当初から人気のあるスイーツで、ハワイ産の大粒のマカダミアナッツをじっくりとシュガーローストして、フランス産の最高級チョコレートであるヴァローナチョコレートでコーティングしたもの。

1番人気のミルクのほか、ダーク、ホワイト、キャラメルフレーバーのブロンドがあります(1/2ポンド箱 各$28、4種詰め合わせの1ポンド箱$52)。

ホテルのロゴアイテムを取り揃えるショップ「シグネチャー・アット・ザ・カハラ」や「カハラ・ブティック」、リゾート内のレストランで購入できます。

 

居心地の良い空間だけじゃない!
極上グルメも堪能できるザ・カハラ

圧倒的な非日常感を楽しませてくれるラグジュアリーなゲストルームやロケーション、そしてきめ細やかなサービスはもちろんのこと、何度も味わいたいと思わせる美食も、ザ・カハラが多くのゲストに愛され続ける理由なのかもしれません。

ザ・カハラ・ホテル&リゾート
5000 Kahala Avenue, Honolulu, Oahu, HI
☎808-739-8888
https://jp.kahalaresort.com/

 
Cooperation:ハワイ州観光局 https://www.gohawaii.jp/
Photo&Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.