邦画は最高の旅行ガイドにもなります。エンドロールの次にはじまるドラマの主役は自分。映画の世界を楽しんだあとは、幸せの旅に出てみませんか?

 

『ぶどうのなみだ』
@北海道空知地方

画像: ©2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

©2014 『ぶどうのなみだ』製作委員会

希少な空知ワインの産地として注目を浴びるエリア。大泉洋がピノ・ノワール種の醸造に挑むワイナリーのモデルは山﨑ワイナリー、ロケ地となったのは宝水ワイナリー。後者は直売所の買い物ついでに醸造所も見学でき、2階のギャラリーは映画のセットとして改築したところをそのまま残したもの。季節限定のソフトクリームも名物だ。安藤裕子が演じたキャンピングカーの旅人気分で訪れてみたい。
 

画像: アスミック・エース/クリエイティブオフィスキュー(アミューズソフト DVD)¥4980

アスミック・エース/クリエイティブオフィスキュー(アミューズソフト DVD)¥4980

 

『モヒカン故郷に帰る』
@瀬戸内海とびしま海道

画像: ©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

©2016「モヒカン故郷に帰る」製作委員会

恋人の妊娠と結婚を機に、7年ぶりに帰郷したバンドマンを待ち受けていたのは、頑固おやじとのバトルだった……。架空の故郷・戸鼻島のシーンは瀬戸内海に浮かぶ下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島でオールロケ。とびしま海道と呼ばれる道中にある島々は橋でつながり、広島県から車でアクセスが可能なほかサイクリングもおすすめ。訪れるなら人生の節目にぜひ。
 

画像: バンダイナムコアーツDVD¥3800

バンダイナムコアーツDVD¥3800

 

『パーマネント野ばら』
@高知県宿毛市

画像: ©2010映画『パーマネント野ばら』製作委員会

©2010映画『パーマネント野ばら』製作委員会

劇中で「地方の港町」とされているのは栄喜漁港の周辺。タイトルにもなっている美容院は実在しないが、撮影に使われた家屋はまさに港が目と鼻の先で、映画の町の雰囲気が味わえる。港と集落を一望できる高台や、主人公と恋人との旅行先に出てくる大島の温泉宿に足をのばすのもよし。ダメ男に振り回され傷つきながらも逞しく生きる女性たちを見守る町並みが優しい。
 

画像: デイライト/ショウゲート(アミューズソフトDVD)¥3695

デイライト/ショウゲート(アミューズソフトDVD)¥3695

 

This article is a sponsored article by
''.