ワイキキの人混みに疲れた大人にオススメなのが、ハワイ・オアフ島の西海岸側にある憧れの5ツ星ホテル「フォーシーズンズリゾートオアフ アット コオリナ」でのおこもり旅。3回目のレポートは、ホテルのカウンターから申し込める大自然を舞台にしたアクティビティをご紹介します!

 
▼最初から読む!

 

シャンパンで乾杯!
サンセットクルーズ

画像: 12名乗りのセレンディピティ号。

12名乗りのセレンディピティ号。

1年中イルカに遭遇できるというコオリナクルーズは、ホテルから車で10分の場所にあるコオリナマリーナから出航。12名乗りのセレンディピティ号は47フィート(15m)、3階建ての豪華クルーザー。シュノーケリングにホェールウォッチング、サンセットや花火鑑賞などご要望に合わせたカスタムメイドのクルーズをラグジュアリーな空間で楽しめます。

オアフ島の西側にはエレクトリックビーチと呼ばれる、暖かい海水を求めて魚が集まるシュノーケリングスポットがあり、特に人気なのだとか。
 

3階のフライブリッジで心地よいハワイの風を感じながら過ごすのがオススメですが、船内には豪華なソファやベッドルームがあり、もちろんキッチンやお手洗いも完備。そのまま暮らせそうなほどの充実っぷりです。シュノーケリングスポットについたら、クルーザーの後部デッキからそのまま海へとダイブできるなんて、最高!
 

クルーザーをチャーターするとついてくるスタンダードメニューはこの美しさ。ハワイの食材を使ったシャルキュトリーや、ベジタルスティック&バーニャカウダ、ホームメイドキッシュ、カルパチッチョ、サーモンタルタル、ハニークリームパイナップルなど、すべてシャンパンに合うメニューばかり。
 

海を眺めながら乾杯する優雅なひとときに酔いしれましょう。

 

伝統的なフラダンスに感動!
プライベートハイキングツアー

画像1: 伝統的なフラダンスに感動! プライベートハイキングツアー

ホテルのロビーへの集合は早朝6時。まだ辺りが暗いなか、車を30分ほど走らせハイキングのスタート地点を目指します。車の中ではBOXに入った朝ごはんのサンドイッチとジュースで腹ごしらえ。
 

画像2: 伝統的なフラダンスに感動! プライベートハイキングツアー

ハイキングの舞台は、ヨコハマベイからオアフ島の最西端 カエナポイントまで海沿いに続くハイキングトレイル。

雄大なワイアナエ山脈や、青い海を望みながら、ハワイにいることを体感できます。その足元は岩で多少ゴツゴツしていたり、ふかふかの砂浜だったりするのですが、スニーカーを履いていればさほど苦労しないコースなので、山歩きに慣れていない人でも心配はいりません。
 

画像3: 伝統的なフラダンスに感動! プライベートハイキングツアー

最西端のカエナポイントの砂浜では、フラの師範 “クムフラ” によるハワイの伝統的なフラを見ることができました。またこの辺りではたくさんのアホウドリと、運がよければアザラシも見ることができます。このプライベートハイキングツアーは「フォーシーズンズリゾート オアフ アット コオリナ」のゲストのみが体験できるエクスクルーシブなアクティビティです。

 

アクティビティのあとは
ホテルのスパでリラックス

画像: アクティビティのあとは ホテルのスパでリラックス

「フォーシーズンズリゾート オアフ アット コオリナ」には、広さ3251㎡にもおよぶ4階建てのラグジュアリーなスパ施設「NAUPAKA SPA & WELLNESS」があるので、アクティビティをエネルギッシュに楽しんだ後は、ハワイの伝統療法を取り入れた豪華なトリートメントやマッサージ、セラピーで心ゆくまで癒やされるのもオススメ。フィットネスセンターは24時間オープンしているので、夜遅く、急に思い立ってのエクササイズもOKです。
 

スパには、5面のテニスコートやプール、ホットタブ、ジャグジールームも併設されており、癒やしとウェルネスが同時に叶います。緑あふれるZEN(禅)ガーデンには素敵なソファがあり、メディテーションするゲストも多いのだとか。1日中いても飽きないスパ、と言えそう。

 

ハワイの雄大な自然を感じる
時間でリフレッシュ!

夢にまで見たラグジュアリーホテルでのおこもり旅では、ハワイの自然に圧倒されるアクティビティと、ヒーリングをセットにスケジューリングしてみてはいかが?

フォーシーズンズリゾート オアフ アット コオリナ
(Four Seasons Resort Oahu at Ko Olina)
92 1001 Olani Street Kapolei, Hawaii
☎0120-024754
https://www.fourseasons.com/jp/oahu/

 
▼次ページはコチラ!

 
Text&Photo:Riyua Joe(mogShore)

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.