世界水準の研究開発力と革新的アプローチ、贅沢で心地よい触感と一人ひとりの美しさを際立たせるカラークリエーション――。

そんなラグジュアリーの極みと言っても過言ではない数々のプロダクトにより、多くの女性たちを気持ちまでうっとりさせ続けている「クレ・ド・ポー ボーテ」から、新マットルージュが誕生しました。

2018年 7月21日(土)新発売の「ルージュアレーブル カシミア」の魅力と美しく仕上げるコツ、さらにラグジュアリー観光列車「THE ROYAL EXPRESS」で行われた体験会の様子をお伝えします。

 

マットの概念を超えた
心地よいテクスチャー

昨年の秋冬から続いているマットリップの人気。メイクの印象を大きく左右するリップにトレンドを取り入れ、最旬メイクを完成させたいと思う半面、“唇の縦じわが目立つ” “乾燥して唇がゴワつく” “いかにも塗りましたという印象になる” などの理由から敬遠する人も多いのでは?
 

画像: ルージュアレーブル カシミア 4g 全8色 各¥6000/クレ・ド・ポー ボーテ

ルージュアレーブル カシミア 4g 全8色 各¥6000/クレ・ド・ポー ボーテ

今回登場した「ルージュアレーブル カシミア」は、繊維の宝石とも呼ばれる極上素材のカシミアのように、しっとり柔らかくしなやかに唇に寄り添うテクスチャーが特徴。

これまで製品の感触をなめらかにするため、主にベースメイクに活用されてきた高機能粉末「FLTパウダー」や、パウダーによるマットな外観とオイルによるしっとりした感触を両立する吸油性の高い高機能粉末「オイルエンブレイシングパウダー」をはじめとする、さまざまな技術により、本格的なマットでありながら極上の仕上がりと心地よさが実現しました。
 

画像: マットの概念を超えた 心地よいテクスチャー

カラー展開は、季節ごとに彩りが変化するネイチャーガーデンの花々にインスパイアされた全8色。見たままの贅沢な色が明るく発色され、唇はもちろん、肌をも美しく見せる仕上がり。
 

画像: 花びらのようにゆったりと波打つ曲線は、唇のカーブにフィット。

花びらのようにゆったりと波打つ曲線は、唇のカーブにフィット。

クレ・ド・ポー ボーテのトップメイクアップクリエーター曰く、「リップブラシを使わずに直に塗るのが上手に塗るコツです。独特な形状が唇に優しくフィットする感覚も、これまでのマットリップとは異なるなめらかなテクスチャーも、とても心地良い。リップを唇に添わせている姿は、下から見ても美しく、メイクする時間にも幸福感を得られますよ」。

 

ラグジュアリーな列車の中で
非日常の新商品体験会

画像1: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

2018年 7月21日(土)の発売に先駆けて開催された「clé de peau BEAUTÉ Radiant Journey」は、ご招待者50名限定、一日限りの特別な新商品体験会。
 

その舞台は、横浜と伊豆急下田を結ぶ東急電鉄のラグジュアリー観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の車内でした。
 

画像2: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

まずは、世界でもっとも予約の取れないレストランといわれたスペインの3ツ星レストラン「エル・ブジ」でフェラン・アドリア氏に1年半ほど師事されていた、静岡県出身のシェフ、山田チカラさん監修のオリジナルコース料理を堪能。
 

静岡産の素材を贅沢に使用した料理は、どれも素材の持ち味を活かした優しい味わい。あっさりとしながらも、風味豊かで強い印象を残す料理ばかりでした。
 

食事中には、THE ROYAL EXPRESSのテーマ曲をプロデュースしたバイオリニストの大迫淳英さんによるバイオリンの生演奏や、車内をランウェイに見立てたモデルのショーも。
 

画像3: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

海を望む車窓からの景色と相まって、非日常感をさらに演出していました。
 

画像4: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

“時を超えても色あせない本物の美しさ” をテーマにしたトークショーに登壇したのは、クレ・ド・ポー ボーテは憧れのブランドと語る小説家の川上未映子さん。

「自分は幸せか、美しいかなど、“人からどう見えるか” で判断されがちな時代ですが、最終的に誰が何を決めるの?と言ったら、それは自分しかないんですよね。自分の基準をしっかりもつことが強さであり、これからの美しさなのかなと思います。私の作品にも多くの女性が登場するので、そういった人としての強さみたいなものを書いていきたいですね。時を超えても色褪せない本物の美しさというのは、その人らしい唯一無二のもの、これまで生きてきた中で積み重ねられた強さなんだと思います。だから、自信を持って、自分であることを楽しんでもらいたいですね」。
 

一車両丸ごと新商品のラグジュアリーな世界観で装飾し、全8色のルージュを自由に試せるセルフタッチアップスペースも。
 

画像5: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

メインカラー「103 レジェンド」は、ドラマティックなディープレッド。
 

画像6: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

列車が停車しているタイミングでは、クレ・ド・ポー ボーテのトップメイクアップクリエーターが、一人ひとりに合った色味をタッチアップ。
 

画像7: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

今回は、肌なじみの良いグレージュレッド「102 スイートソング」をベースに、中心部分にほんの少しだけミステリアスなダークレッド「104 デカダン」をのせたミックスリップに仕上げていただきました。
 

画像8: ラグジュアリーな列車の中で 非日常の新商品体験会

リップブラシで唇の真ん中にリップをたっぷりめにのせてもらい、上下の唇を軽くすり合わせてみると、さらりとしながらもなめらかなテクスチャーの素晴らしさが良く分かりました。唇の乾燥も気にならず、仕上がりが長時間持続することも◎。
 

画像: 帰り際にいただいたお土産。ルージュアレーブル カシミア(102 スイートソング、108 エントラップメント)、ミニサイズのルージュアレーブル カシミア(103 レジェンド)、ル・フォンドゥタン、ルージュアレーブルカシミア&ルージュアレーブルnサンプル、スキンケアライン詰め合わせ。

帰り際にいただいたお土産。ルージュアレーブル カシミア(102 スイートソング、108 エントラップメント)、ミニサイズのルージュアレーブル カシミア(103 レジェンド)、ル・フォンドゥタン、ルージュアレーブルカシミア&ルージュアレーブルnサンプル、スキンケアライン詰め合わせ。

 

ラディアントな旅への
鍵となる1本のリップ

フランス語で “美しい肌への鍵” を意味する「クレ・ド・ポー ボーテ」。ルージュアレーブル カシミアは、自分が自分であることを楽しむ、光り輝くような日常への鍵になるのかもしれません。

極上の仕上がりと心地よさで、女性の気持ちを高め、自信を与えてくれる新マットリップ。これまでマットリップはハードルが高いと思っていた方にもオススメです!

クレ・ド・ポー ボーテ
☎0120-81-4710
http://www.cledepeau-beaute.com/jp/

 
Photo&Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.