「夏休み、子供は伸びるからね~」という先輩ママの言葉が呪縛のように私の心をとらえ、そうか、色々息子たちに体験させなきゃいけないんだ、との焦りから結果毎日予定でいっぱいです!

色々申し込んだり計画したのはいいものの、その準備や送迎、付き添いは全て私が担うわけで……自動的に私もなんだか忙しくしている今年の夏休み。全然お休みなんかじゃない(笑)。

 

「毒のある生活」

「今が一番手がかかる=今しか子供に手をかけてやれない」そんな思いで退社したので子供のために労力や時間を捧げる覚悟はある、のですが……

テレビはいつも息子たち優先で勧善懲悪のヒーローもののアニメばかり。ニュースや攻めたバラエティー番組を見ることはできず、子供たちが出払った束の間の一人時間も、結局食事の準備や家の片づけなどで終わってしまい外部からの情報はもっぱら片手間に見ているスマホからのみ。

独身時代は、さまざまなジャンルの本を何冊も読んでいたのに、今は息子たちの優しい心が育ちそうな絵本ばかりで……(しかも息子たちはいつも同じ絵本の読み聞かせを要求してくる!)。

それに、組織に属していないと人間関係で悩むことや、どうしようもない大きな力に不満を抱くこともないので、ほとんど心に波風の立たない日々(主人に対しての愚痴は別として)。

退職し、“親” でいる時間が圧倒的に増えたことで、できる限り平和を愛し、できる限り正義を貫き、できる限り品行方正、できる限り物事は俯瞰で眺められるよう冷静に……せめて子供の前だけでもそんな人間、“善良な親” であろうと意識しているのも要因の一つかもしれません。

 
>次ページはこちら!

 

PRIVATE PHOTOS

2階建てベッドを購入しました! 上の段に長男、下の段に主人が寝ています。

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura

1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

 

▼前回の記事はコチラ!

This article is a sponsored article by
''.