2018年 4月28日にオープンした、ヒルトン・グランド・バケーションズ(以下、HGV)の日本初となるタイムシェア・リゾート「ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ」。

「タイムシェア・リゾート」って、そもそも何?という疑問から、ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブの魅力まで、あわせてご紹介します。

 

タイムシェア・リゾートとは?

画像: タイムシェア・リゾートとは?

HGVが展開するタイムシェア・システムとは、1年を52週に分割し、1週間を1口として高級コンドミニアム・スタイルの部屋の所有権を購入する新しいバケーションスタイル。

物件(宿泊施設)のグレード、毎年決まった週に予約が保証される「固定週」か、特定の週を指定しない「浮動週」か、さらに物件によってはオーシャンビューかどうか、客室の階数などなど、さまざまな条件によって、所有権の購入金額は変動します。

ちなみに、旅行する人が多く、どこのホテルも予約が取りにくくなる夏休みや年末年始であっても、「固定週」でその間を契約していれば予約の心配はなし! その分、割高になりますが、お盆や年末年始にしかまとまったお休みを取れないという方には嬉しい条件です。

逆に、固定週と比較して割安な「浮動週」は、ほかのオーナーの予約と被ってしまった場合、希望の日程で予約が取れないということも。それを避けるためにも、なるべく早めに予約を入れる必要があります。

平均購入額は、300万円程度(別途、管理費)と、意外と手の届く金額。1度購入すれば、毎年管理費の支払いは発生するものの、宿泊費はずっと不要。所有権は相続できるので、長く利用すればするほどお得になるシステムです。

また、所有権の金額に応じて付与されるポイントを振り替えることで、ヒルトングループや提携リゾートの宿泊施設に滞在することもできます。別荘のように決まった1つの場所にこだわることなく、もっと自由に旅行を楽しめるというのもポイントです。

 

ザ・ベイフォレスト小田原・
バイ・ヒルトン・クラブの魅力

画像1: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

東京駅から新幹線に乗ってわずか30分強と、アクセスしやすい小田原。HGV日本初のタイムシェア・リゾート「ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブ」が位置するのは、箱根山麓と相模湾を一望できる高台です。

併設するヒルトン小田原リゾート&スパにてチェックインを済ませ、ザ・ベイフォレスト小田原・バイ・ヒルトン・クラブのコテージ・スタイルへ。
 

まず注目したいのは、玄関からリビングルームへと通じる引き戸。特殊な組子細工で作られた扉は、アート作品のよう。
 

さらに、特徴的なデザインの照明や、廊下にあるアートピースなど、木の温もりを感じさせてくれる装飾が至るところに。
 

キッチンとバスルームにある波柄タイルは、小田原の海をイメージしたというオリジナルのもの。
 

画像2: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

キッチンには調理器具や食器類も完備していて、長期滞在にも◎。
 

画像3: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

食材や調味料などは、ホテル内の「ヒルトンショップ」でも取り扱っています。
 

画像: 左から時計回りに、バナナブレッド¥472、レーズンブレッド¥454、塩バターパン¥120。

左から時計回りに、バナナブレッド¥472、レーズンブレッド¥454、塩バターパン¥120。

ホテルごとにレシピが異なるというヒルトンホテルの人気商品のバナナブレッドをはじめとする、ホテルならではのリッチな味わいのパンもオススメです。
 

画像4: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

リビングルームの大きな窓からは、目の前にある森と、その向こうに広がる海を一望。日々の喧騒を忘れさせてくれる雄大な景色はもちろん、デザイン性と快適さを兼ね備えた設えも魅力です。
 

階段を降りた1階には、和室とベッドルーム。
 

画像5: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

和室の壁面も相模湾の波をイメージ。室内にいながらにして、小田原の自然を感じさせてくれるデザインが随所に散りばめられています。
 

滞在中は、ヒルトン小田原リゾート&スパの施設を利用することも可能。天然温泉大浴場や、リラクゼーションスパ「スパ静凪~SEINA~」(スクラブと全身のオイルトリートメントを組み合わせたボディケア「インナーピース」90分¥22000ほか)でリラックスするも良し、フィットネスセンターやテニスコートなどでアクティブに過ごすも良し!
 

画像6: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

食事は、コテージのキッチンで自炊するほか、ホテルのレストランで。「ザ・ロビーラウンジ」のイブニングタイムには、お酒によく合うスナックメニュー、アラカルトのディナーを提供。
 

画像: 近海産鮮魚のグリル¥4800。弾力のある引き締まった身が絶品。

近海産鮮魚のグリル¥4800。弾力のある引き締まった身が絶品。

画像7: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

日中に美しいガーデンを眺めながらホテルメイドのケーキをいただくのもオススメです。
 

画像8: ザ・ベイフォレスト小田原・ バイ・ヒルトン・クラブの魅力

朝食から夕食まで、さまざまな料理をブッフェスタイルで堪能できるオールデイダイニング「ブラッセリー フローラ」。
 

朝食では、自分好みの海鮮丼を作れるコーナーや、目の前で卵料理を作ってもらえるエッグステーションのオススメ料理「しらすオムレツ」など、小田原らしいメニューを思う存分堪能して。

 

暮らすように旅を楽しむ
タイムシェア・リゾート

画像: 暮らすように旅を楽しむ タイムシェア・リゾート

ファミリーでの滞在もOKなゆとりの広さを備え、周りを気にせずプライベートな時間を過ごせる客室に、サービスの行き届いた快適なホテルの施設。

敷地内だけでもお楽しみは満載ですが、小田原グルメや観光も満喫しながらの長期滞在がオススメです!

ヒルトン・グランド・バケーションズ
https://www.hgvc.co.jp/
 
ヒルトン小田原リゾート&スパ
https://www.hiltonodawara.jp/
ヒルトンショップ営業時間:9:00~20:00
ザ・ロビーラウンジ営業時間:10:00~22:00、金~日9:00~23:00
ブラッセリー フローラ営業時間:朝食ブッフェ7:00~10:00、ランチブッフェ11:30~14:00、土・日・祝日11:30~15:00(90分制)、ディナー17:30~21:00(90分制)
※ディナータイムはコース料理もあり

 
Photo&Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.