初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、鹿児島県を案内していただいたのは、晴れた日には桜島を望めるカフェ&フラワーショップのスタッフ、東好美さん。

南九州の温暖な気候と、ゆったりとした雰囲気の中で育まれた人や街のあたたかさは鹿児島ならでは。心が和むような癒やしスポットが多いのも特徴です。至る所にあふれ出す “かわいい” を探しながら、東さんと鹿児島市内を歩きます。

 

朝ごはんならココ!
鹿児島の地魚に出会える

市場食堂 城南店

画像: 市場食堂 城南店

魚類市場内の食堂街は、食通もうなる穴場スポット。市場自体は、関係者以外は入れないが、食堂には誰でも入ることができる。
  

画像: 刺身定食¥1400(税込み)。獲れたての魚がふんだんに。まさに海の宝石箱!

刺身定食¥1400(税込み)。獲れたての魚がふんだんに。まさに海の宝石箱!

新鮮でプリップリの刺身類はもちろん、焼き魚やフライなど、その日に水揚げされた魚介類を堪能できる。ちゃんぽんやハムエッグ定食(ともに¥600・税込み)など市場で働く人の胃袋をがっちりつかむ魅力的なメニューもいっぱい。
  

画像: ビッグサイズの開きアジ定食¥850(税込み)。

ビッグサイズの開きアジ定食¥850(税込み)。

市場食堂 城南店
鹿児島県鹿児島市城南町37(鹿児島市中央卸売市場魚類市場内)
☎099-224-9864
営業時間:5:00~15:00
定休日:日・祝

 

素朴な美味しさ!
かわいい店内にもキュン

YANO CAKE TEN MOKU

画像: YANO CAKE TEN MOKU

照國神社の近くにあるケーキ屋さん。ショーケースには、素朴ながらもキラリと光るカントリーケーキがずらり。家族で営んでおり、ケーキを焼いているのはお母さん。 
 

画像: 手前からミントブラウニーズ、オレンジチーズケーキ(ともに¥390・税込み)、キャロットケーキ¥340(税込み)。

手前からミントブラウニーズ、オレンジチーズケーキ(ともに¥390・税込み)、キャロットケーキ¥340(税込み)。

レシピは100種類以上あるそうで、常時15種類ほどが並ぶ。にんじんやさつまいもなど、鹿児島の特産品を使ったものも。何度食べてもまた会いたくなるケーキで、ファンが多いのは納得!

YANO CAKE TEN MOKU(ヤノケーキテン モク)
鹿児島県鹿児島市照国町10-19
☎099-224-7045
営業時間:11:00~19:00
定休日:月・火

 

知っておきたい鹿児島のいろは
鹿児島の気候&日本一

画像: 知っておきたい鹿児島のいろは 鹿児島の気候&日本一

気候

鹿児島県は南北に長く、北と南で大きく気候が異なる。気候は温帯と亜熱帯にまたがっているが、屋久島には冷温帯の一面もある。同じ県の中に3つの気候があるということは世界的にも珍しい。

 
鹿児島の日本一

【大クス】
姶良市にある蒲生八幡神社の境内にあるクス。根の周りが33メートルあり、日本一大きい。

【さつまいも】
生産量日本一。

【ウミガメの上陸数】
2011年には延べ5400頭のウミガメがやってきた。その3分の1以上が屋久島に上陸。

【竹林の面積】
竹林の面積を全部あわせると面積はおよそ1万6000ヘクタールで日本一。

 

PROFILE

東好美 Konomi Higashi

aview Cafe & Flowersスタッフ。趣味はドライブ。好きな花はクリスマスローズとクレマチス。

 
●情報は、2018年7月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Junichi Koka

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.