初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、愛知県を案内していただいたのは、アートマネージャーの野田智子さん。

関東でもなければ、関西でもない。だからこそ、唯一無二のカルチャーがある。東日本と西日本の文化を融合させながら、のびのびと自由に発展を続ける愛知県の新しい顔を野田さんに伺いました。

 

名もない職人による
手仕事に想いを馳せて

豊田市民芸館

画像: 豊田市民芸館

古陶磁研究家であった故・本多静雄氏によるコレクションを中心に “日本の手仕事” を展示。現在は「郷土玩具展」が開催されており、西日本で親しまれる素朴なおもちゃを目にすることができる。
 

平戸橋公園の一角、矢作川のほとりに位置し、春は桜、秋は紅葉が楽しめる。大自然の中で愛でる民芸は格別! 陶芸や手織りなど各種講座の詳細はHPで。
 

画像: 郷土玩具・約500点が集結。

郷土玩具・約500点が集結。

豊田市民芸館
愛知県豊田市平戸橋町波岩86-100
☎0565-45-4039
営業時間:9:00~17:00
休館日:月(祝日は開館)
https://www.mingeikan.toyota.aichi.jp/

 

職人による “手仕事” が
融合する美容室

cut atelier room3

画像: cut atelier room3

家具や照明はもちろん、ドアノブや器など、細部にまでこだわって選ばれた部屋の中で、髪の職人たちによる確かな施術が行われる。まさに “手仕事” が融合した美容室。
 

画像: アトリエのような居心地のよい空間にいると、心がほぐれ、穏やかな気分になる。

アトリエのような居心地のよい空間にいると、心がほぐれ、穏やかな気分になる。

オーナーの古田隼人さんは「お客さまのなりたいイメージを伺った上で、新しいスタイルもご提案するようにしています」と話す。おまかせしてみたら、新しい自分に出会えるかも。
 

cut atelier room3(カットアトリエルームスリー)
愛知県名古屋市中区大須3-13-12 ニシノビル3F
☎052-263-1388
営業時間:11:00~20:30(土日祝10:00~19:00)
定休日:月
http://www.cutatelierroom3.com/

 

とっておき愛知土産

挙母木綿の古富久紗

画像: 挙母木綿の古富久紗

挙母市と呼ばれていた豊田市では、江戸時代後期には綿が栽培され、木綿が盛んに織られていた。この伝統工芸を伝承していこうと、挙母木綿伝承会が手作りしている古富久紗。縞柄模様は挙母木綿の特徴だそう。コースターにしたり、花器の敷物にしたり、自由に使える美しい布だ。豊田市民芸館で購入可能。¥2000(税込み)。

 

PROFILE

画像: 感性を刺激する愛知で “手仕事” の魅力にふれる【ローカルと歩く】

野田智子 Tomoko Noda
アートマネージャー。あいちトリエンナーレ2019コーディネーター。「Nadegata Instant Party」メンバー。

 
●情報は、2018年8月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata、Toru Oshima(お土産) Text:Lisa Nagamine

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.