初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、愛知県を案内していただいたのは、アートマネージャーの野田智子さん。

関東でもなければ、関西でもない。だからこそ、唯一無二のカルチャーがある。東日本と西日本の文化を融合させながら、のびのびと自由に発展を続ける愛知県の新しい顔を野田さんに伺いました。

 

港まちに住む達人が集まる
大注目の部活動

港まち手芸部

港まち手芸部は、ニットテキスタイルアーティストの宮田明日鹿さんが手芸の達人から手芸を学ぶ場としてスタート。
 

画像: 思い思いに作りたいものを作るのが港まち手芸部の活動。

思い思いに作りたいものを作るのが港まち手芸部の活動。

最年長の部員は93歳、最年少は中学生という年代もさまざまな約50名の部員が在籍している。「ここには先生がいっぱい。教え合うことで繋がっていくんです」と宮田さん。参加は手ぶらでOK。希望者はHP記載のメールアドレスに問い合わせを。
 

部員の作品は交渉次第で購入できるかも?

港まち手芸部
愛知県名古屋市港区名港1-19-23港まちポットラックビル1階
☎052-654-8911(港まちづくり協議会事務局)
毎週木曜 10:00~12:00、第4土曜 11:00~13:00(変動があるため要問い合わせ)
http://asuka.miyataamiki.com/shugei

 

食と音楽がクロスオーバーする
コミュニティスペース!

CONTENTS nishimachi

画像: CONTENTS nishimachi

もっと暮らしやすく、もっと楽しい街づくりを目指し、街の空き家をリノベーションして作られた複合施設。
 

パン工房「Riso」、美味しいカレーが人気のカフェ「Little Cockoo」、アーティスト集団 “TURTLE ISLAND” と橋ノ下世界音楽祭の事務所兼コミュニティスペース「橋ノ下舎」の3店舗が併設され、地域住人の憩いの場として親しまれている。
 

画像: Little Cockooの新作ドライキーマ¥900(税込み)。

Little Cockooの新作ドライキーマ¥900(税込み)。

CONTENTS nishimachi(コンテンツニシマチ)
愛知県豊田市西町2-8
☎0565-36-0590
営業時間:7:30~17:00 定休日:日(Little Cockoo)
営業時間:8:00~18:00 定休日:日・月(パン工房 Riso)
※詳細はCONTENTS nishimachiのFacebookにて。

 

知っておきたい愛知のいろは
愛知を舞台にした作品

画像: 知っておきたい愛知のいろは 愛知を舞台にした作品

純情きらり

2006年度前期のNHK連続テレビ小説。岡崎市などが舞台となった。宮﨑あおい主演。

 
さよならドビュッシー

名古屋市を舞台にしたミステリー小説。中山七里作。宝島社文庫刊。

 
1リットルの涙

作者・木藤亜也の闘病を記した実話。2005年にテレビドラマ化。エフエー出版刊。

 
うさぎドロップ

宇仁田ゆみが描いた漫画。名古屋市をイメージした架空の都市が舞台。アニメ化もされた。祥伝社刊。

 

PROFILE

画像2: 感性を刺激する愛知で地域住人が憩うコミュニティ【ローカルと歩く】

野田智子 Tomoko Noda
アートマネージャー。あいちトリエンナーレ2019コーディネーター。「Nadegata Instant Party」メンバー。

 
●情報は、2018年8月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Mao Horihata

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.