その場所でしか見られない景色、極上スパ、土地ならではの料理。ここでの正しい過ごし方は、“何もしない” こと。大人だからできる、究極の贅沢を叶える旅へ―—。

 

「蔣介石の元・別邸」で
スローな時間を過ごす

ホテル・ザ・ラルー

その昔、かの蔣介石がこの地を訪れ、目の前に広がる景色が故郷に似ているということから別宅として選んだ場所が、ここ日月潭だ。その一部、ラルー半島の湖畔の約10ヘクタールという広大な敷地にそびえ立つこのホテルは、当時お付きの人たちが住めるようにと建てられたもの。
 

画像1: ホテル・ザ・ラルー

2002年にオーストラリア人建築家のケリー・ヒルにリニューアルを依頼し、心地いい風が吹き抜けるヴィラ風のスタイルとなった。全96部屋バルコニー付きのレイクビュースイート(うちプライベートプール付きヴィラ7部屋)。開放感のあるデザインで、リラックスを後押ししてくれる。アメニティも充実している。

台湾では「一生で一度は来ないと!」と言われるほど憧れのデザインホテルとして名高く、刻々と移ろいゆく景色をのんびりと堪能するのがおすすめだ。朝霧がかかる早朝、そして台湾八景にも選ばれた荘厳な夕景で、しばし別世界へと身を委ねよう。
 

エントランスをくぐり、フロントの奥へと進むと展望スペースが現れる。そこから望む日月潭の景色に、きっと心打たれるはずだ。湖面へと続くような屋外プールで、ゆったりとした時間を過ごすのも良い。台湾ではスイムキャップ着用がマストのためご注意を。
 

画像2: ホテル・ザ・ラルー

おこもりステイの楽しみの一つ、スパももちろん完備。一番人気のザ・ラルーオリジナルマッサージ(60分・3200元~)他、エステティシャン2名がフォーハンドで行うストーンを使ったジェイドマッサージ(75分・5200元~)も。いずれも、日本から予約が必須。
 

レストラン「湖光軒」の看板メニュー、6時間じっくりと煮込んだ埔里紹興東坡肉(豚の角煮・580元)はぜひ食べておきたい。ゴマのパンにはさんで食べれば、つい笑顔がこぼれるだろう。プール横にはレイクビューのティーサロンも。英国式ハイティー(2人分1000元~)も可能だ。

ザ・ラルー
南投縣魚池鄉水社村中興路142號
☎04-9285-6888
レイクビュースイート 1泊17400元(+10%)~

 
台湾でオシャレなお土産を買うなら……

 

眼前に海が迫るヴィラで
島人の気分に浸る

シックスセンシズ ヤオノイ

画像1: シックスセンシズ ヤオノイ

プーケットから船で約40分。奇岩が並ぶパンガー湾の入り口にあるヤオノイ島に、「シックスセンシズ ヤオノイ」は佇んでいる。茅葺き屋根のヴィラ、鶏が走りハーブが育つファーム、豊富なアクティビティなど、このホテルの魅力を挙げたらきりがないけれど、中でもぜひ経験して欲しいのが、サンライズを眺めながらの1日1組限定の朝食(1人2500THB)。珊瑚色に染まる空と海を独占できる至高の時間は、一生忘れられない思い出になるはず。
 

全12室のスパルームは、2017年8月にリノベーションを終え、オープンエアだった個室が全室ガラス窓付き・エアコン完備にリニューアル。豊富に揃うメニューの中でのおすすめは、頭部~肩、背中、足裏を心地よい圧でマッサージして快適な眠りへと導く、ドリームキャッチャー(90分6200THB)。
 

適度な距離を置いて配されたヴィラは、ふんだんに木を使った内装に茅葺き屋根と、ゆったりくつろげるナチュラルな趣。全56室ある中、特におすすめの一室は「オーシャンパノラマプールヴィラ」のVilla40。海に面した丘の一番高い所に位置するため、視界を遮るものがなく、眼前にあるのは海だけ。プールからはもちろん、ベッドに寝ながら海を眺めるという贅沢を経験できる。
 

画像2: シックスセンシズ ヤオノイ

夜のムーディな雰囲気から一転、朝のメインレストランはスタッフの笑顔と “サワディー カー” の声が飛び交う、爽やかでヘルシーな空気感。敷地内で採れた有機野菜を使った料理がビュッフェカウンターにずらりと並ぶほか、サラダ&チーズ部屋、ベーカリー部屋、アイスクリーム部屋などの専門ブースも。
 

画像3: シックスセンシズ ヤオノイ

朝食ビュフェの必食は、敷地内のチキンファームで産み落とされた朝採れ卵。ストレスフリーな環境で育てられた鶏が産む卵は、まろやかかつ濃厚でとても美味。好みの調理法をオーダーすると、その場で調理してくれる。
 

画像4: シックスセンシズ ヤオノイ

多様なアクティビティが揃っているのも、このホテルの魅力のひとつ。今日はパンガー湾でシーカヤック、明日は近くの島にピクニック、昼はタイ料理教室、夜はビーチシアターで映画鑑賞……。何日滞在しても飽きないし、1泊のステイでもリゾートを満喫できる盛りだくさんの遊びに、子供になった気分で没頭したい。

シックスセンシズ ヤオノイ
56 Moo 5, Tambol Koh Yao Noi,Amphur Koh Yao,Phang 35001 Nga 82160,Thailand
☎0120-921-324(日本語対応)
オーシャンパノラマプールヴィラ 1泊25001THB~(税・サービス料込み)

 
タイでアート鑑賞するなら……

 
●情報は、FRaU2017年9月号・2018年3月号発売時点のものです。
[The Lalu]Photo:Yuzo Touge Text:Kazuko Moriyama Coordinate:Ryo Wang(TOP TAIWAN)
[Six Senses Yao Noi]Photo:Keisuke Fukamizu Styling:Kumiko Sannomaru Text:Hiroe Miyashita Coordinate:Sachiko Matsumoto

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.