人気コミックを実写映画化した『3D彼女 リアルガール』で、恋人同士を演じた中条あやみさんと佐野勇斗さん。映画さながらに二人のテンポはぴったりだが、撮影中もアドリブが飛び交うような現場だったという。

 

▼前ページはこちら!

 

その時に出てきた感情を大切に。
考えすぎず素直に演じられた役(中条)

――国内では、どこか行ってみたいところはありますか?

佐野:箱根ですね。以前は愛知に住んでいたので、意外と遠いイメージがあるんですよ。今は東京からでも行きやすいみたいなんで、鎌倉とか箱根とか、神奈川らへんをちょっと開拓したいです。

中条:撮影で行った河津も温泉があったよね?

佐野:河津もいいねー。温泉とかでのんびりしたいですね。

 
――撮影中でもいろいろなところに行かれたと思いますが、印象に残っていることは?

中条:場所とかじゃないんですけど、私はつっつん(佐野さん演じる筒井の愛称)とプール掃除しているシーンですね。プールに落ちちゃうので、そう何度も撮影できなくて、一発勝負。二人でイメージトレーニングしながら、ああでもない、こうでもないって相談してやりました。

最終的に二人でプールに落ちて、監督に「どうでした?」って聞いたんですけど、「ん? あぁ……」って感じで良かったのか悪かったのか(笑)。

佐野:でもスクリーンで出来上がりを観たら、すごくいいシーンになっていて、良かったです。
 

画像: その時に出てきた感情を大切に。 考えすぎず素直に演じられた役 (中条)

――お二人のこだわりが詰まったシーンなんですね。佐野さんはいかがですか?

佐野:みんなでケーキ食べてるところとか。サツマイモのスイーツみたいなのを出してくれて、サツマイモはすごく大好きなので、嬉しかったです。

 
――みんなで食べたりしているシーンはなんだかこちらも心がほっこりしました。二人の関係性だけでなく、だんだん周りを巻き込んで仲良くなっていくのも見どころだと思います。ほかのキャストのみなさんとのエピソードも教えてください。

中条:結構、ミツヤくん役の清水(尋也)くんがアドリブを入れてくるんですよ。私たちが食べているときに野菜に話しかけてるんですけど、それもアドリブなんです(笑)。

佐野:ガンガン入れてきますね(笑)。ミツヤと喧嘩するシーンもほとんどアドリブ。だからコノヤローと思って、僕もアドリブで返すんです。そこは結構刺激になりましたね。

画像: ニット¥42000、スカート¥49000/ともにビューティフルピープル ☎︎03-6447-1869 デザインゴールドリング¥14000/キャロル(アナザーフェザー)☎03-5778-9596

ニット¥42000、スカート¥49000/ともにビューティフルピープル ☎︎03-6447-1869 デザインゴールドリング¥14000/キャロル(アナザーフェザー)☎03-5778-9596

――今回の作品を振り返ってみて、どんなふうに演じることができましたか?

佐野:今回は、かなり自由にやらせていただいたんです。今までは、こういうことをしたらマズイかな、とか考えてしまっていたんですけど、こんなに自由にやっていいんだと思えました。

中条:私は、つっつんに対して受け答えをする場面が多かったので、その時に出た感情を大切にするようにしました。もちろん、前日に台本を読んでどういうシーンなのかは確認しているんですけど、考えすぎずに素直に演じられた役だったと思います。

 
――最後に、作品を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

中条:本当に、爆笑もあったり、感動もあったり……とても平和な映画だと思うんです。テンポよく観られますし、カップルとかだけで観るんじゃなくて、男友だちとか家族とかと観に来ても楽しめるような作品になったし、平成最後のベスト映画になっているんで……。

佐野:それ、僕のキメ台詞なんだけど。どうしよ……(笑)。でも、絶対に後悔させませんから。本当に、ジェットコースターみたいなんですよ。お時間を頂戴するわけですから、その貴重な時間を、今後の人生の糧になるような……観てよかったと思っていただけると思います。平成最後の、傑作ですから!

 

PROFILE

中条あやみ Ayami Nakajo
1997年生まれ、大阪府出身。2011年に雑誌『Seventeen』の “ミスセブンティーン” グランプリに選出され、同雑誌のモデルとして活躍。12年にテレビドラマ「黒の女教師」で女優デビューを果たす。以後、モデルとしての活動と並行して『ライチ☆光クラブ』『セトウツミ』『覆面系ノイズ』など、女優としても活動する。映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』で第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。17年に『Seventeen』の専属モデルを卒業。同年に『CanCam』専属モデルとなっている。今後の公開待機作には『ニセコイ』『雪の華』などがある。

佐野勇斗 Hayato Sano
1998年生まれ、愛知県出身。2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューを果たす。16年のテレビドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」で連続ドラマに初出演して注目を集め、『ミックス。』『ちはやふる‐結び‐』『羊と鋼の森』などの話題作に出演する。18年8月に初主演映画『青夏 きみに恋した30日』が公開された。公開待機作には『走れ!T校バスケット部』や主演作『凜』がある。ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとしても活躍中。

 

INFORMATION

映画『3D彼女 リアルガール』

画像: ©2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ©那波マオ/講談社

©2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ©那波マオ/講談社

書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉(中条あやみ)を助けたのは、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光(佐野勇斗)。リア充の色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして……!? 『美女と野獣』ならぬ、美女とオタクの大爆笑&大号泣、いまだかつてない純愛コメディ!! 2018年9月14日(金)全国ロードショー。

 
Photo:Yuji Nomura Styling:[Nakajo]Risa Ueda(HITOME)、[Sano]Ayato Tomida Hair&Make-up:[Nakajo]Tomoko Yamaguchi(HITOME)、[Sano]Taichi Nagase(VANITES) Interview&Text:Yoshiyuki Miyazaki Composition:Aiko Hayashi

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.