食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaUFoodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、ミュージシャンの小宮山雄飛さんオススメのタイ料理をご紹介。ひとり呑みの新たなトレンドとして教えていただきました。必見です!

 

タイ東北 モーラム酒店の
田舎のソムタム

画像1: タイ東北 モーラム酒店の 田舎のソムタム

「最近、居酒屋でのひとり呑みにすっかりハマっているのですが、次にくるんじゃないかと思っているのが、アジア系レストランでのひとり呑み。現地の屋台で一杯呑むような感覚で、タイやベトナム料理をツマミに呑むのが実に楽しいのです。そんなアジア呑みにぴったりなお店。お酒にあうツマミが揃っています」と語る雄飛さんのお気に入りが、2018年 2月にオープンしたモーラム酒店。

タイ東北部イサーン地方の料理を提供。タイ人のシェフが手がける辛くてしょっぱい本場の味が食べられます。
 

画像: 田舎のソムタム¥650。トッピングは¥150〜。

田舎のソムタム¥650。トッピングは¥150〜。

中でも雄飛さんのオススメは、田舎のソムタム。

「真っ赤でかなり辛いですが、これがお酒に合う」

トッピングも多数用意し、サワガニの塩漬け、鶏皮、素麺、ゆでたまご、ネーム(タイの生ハム)などがあり、写真のようなパーティ仕様にすることもできます。
 

これからの季節はイサーン地方を代表する鍋「チムチョム」もぜひ。豚骨ベースのスープに、レモングラス、バイマックル、ホーラパー(タイのバジル)といったハーブが入り、香味豊か。

具材は豚肩ロース、鶏肉、つくね、豚ホルモンに野菜類。そのまま食べてスッキリとした味わいを楽しんだら、辛味のあるつけダレに具材をつけたり、スープに溶かして好みの味でいただきます。
 

画像2: タイ東北 モーラム酒店の 田舎のソムタム

「通常のタイ料理屋にはないホッピーや泡盛なんかも取り揃えているのがうれしい。アジア呑み、オススメです!」

タイ東北モーラム酒店
東京都渋谷区円山町16-8
☎03-6712-7747
営業時間:12:00~14:30、18:00~24:00
定休日:日、土曜のランチ

 

PROFILE

画像: 「アジア系レストランでのひとり呑みが流行る!」タイ東北 モーラム酒店のソムタム

小宮山雄飛 Yuhi Komiyama
ミュージシャン。ホフディランのヴォーカル&キーボード。音楽活動の傍ら、グルメがこうじて、ついに念願の日本初のレモンライス専門店「Lemon Rice TOKYO」を渋谷にオープン。現在公演中のヨーロッパ企画の舞台音楽も担当している。

 
Photo:Tetsuya Hamamura Illustration:YUGO. Composition:Ken Namba

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.