5月に挙式した、女優として活躍していたメーガン・マークル妃とイギリスのハリー王子。ハネムーンの行き先にいろんな憶測が飛び交っていたけど、結局ふたりはどこに行ったんでしょうか。メーガン妃の生まれ故郷であるカナダ? それともハリー王子がメーガン妃にプロポーズした南アフリカ!?

 

カナダもナムビアも、
マスコミを欺くための誤情報だった!?

Photo:Press Associationアフロ

5月19日に挙式した、メーガン妃とハリー王子。ロイヤル・ウェディングのあと、みんなが注目したのはやっぱりハネムーンのデスティネーション。ゴシップサイトのTMZが「行き先はメーガン妃の故郷にあるラグジュアリーなリゾート、「フェアモント・ジャスパー・パーク・ロッジ」だと言えば、Hello Magazineでは「絶対にハリー王子とメーガン妃ともに思い入れのある地、南アフリカで人気のナムビアだ」と報じたり。

ふたりのハネムーンは公務のため挙式直後ではなく延期されて行われたんだけれど、その後もどこに言ったのかに関しては公表されていませんでした。でもでも! 今いちばん世界でホットなロイヤル・カップルが、大事なハネムーンにどこへ向かったのか、旅好きとしては気になるところですよね〜。

というわけで調べてみました!

E!online.comによると、ふたりは当初噂されていたカナダでもナムビアでもなく、東アフリカに滞在し、さらにふたつの国を訪れたとのこと。アフリカではサファリなどのアウトドアと日光浴を心ゆくまで楽しんでいたそうです。残念ながら東アフリカのどの国で、どんなホテルに滞在したのかなどの詳細情報は不明。

セキュリティのため、事前にふたりが行くと報じられた場所はすべてキャンセルになるというのを以前、イギリス王室の警備の方が雑誌インタビューで語っているのを読んだことがあります。だからもしかしたら、カナダも南アフリカも保険として予約だけ押さえたけれど、マスコミに漏れたからキャンセルにして、報道されなかった場所を選んだ、というような事情もあったかもしれませんね。あくまで想像ですが…。

イギリス連邦加盟国であるボツワナはハリー王子お気に入りの土地で、メーガン妃に一目ぼれした4週間後には彼女を連れて行って満点の星空の下デートを楽しんだというエピソードも。

ちなみにアフリカ事情に疎い私がネットで調べてみたところ、ナムビアとボツワナは南部アフリカと呼ばれるエリアに属し、東アフリカとはエチオピア、ウガンダ、ケニアなどを含む、アフリカ東部沿岸地にありインド洋に面した地域のことだそう。文化などに違いはあっても、サファリなどを楽しめるのは南アフリカと同様。今をときめくカップルが訪れたアフリカは、今後も注目のデスティネーションと言えそうです。

 

▼前回の記事はコチラ!

 

PROFILE

画像: ©Tomoko Meguro

©Tomoko Meguro

出版社OL時代を経て、フリーランスに。著書に、セレブの間でもブームのおしりワークアウトを提唱する、『ヤセたければおしりを鍛えなさい。』(講談社)。ViVi「月刊セレ部」、i-VoCE「ハリウッドセレブの『恋する言葉』」、mi-mollet「セレブ胸キュン☆通信」でも連載中。Withオンライン「教えて! バツイチ先生」ではバツイチにならないための結婚&恋愛指南が大人気。アラフォーバツイチの実態を探るインタビュー連載、「バツイチわらしべ長者」も話題に。

 
Composition:Moyuru Sakai

This article is a sponsored article by
''.