いつでもどこでも出来るスポーツといえば「ランニング」。しかし、だからこそ腰が重いという人も多いのでは? それなら、周りの人を巻き込むべし! ということで、今回は “NOTストイック!” をテーマにランニングを楽しんでいるチームを3つご紹介。

結成のきっかけや出会い、どのくらいのペースで走っているのかなど、気になること色々聞いてみました。

 

TEAM.1
「チーム 走るひと」

“気立てのいい人” が自然と集まる場所

画像: “雑誌や仕事を通じて出会った気の置けない仲間たち”

“雑誌や仕事を通じて出会った気の置けない仲間たち”

いわゆるランニング専門誌とは一線を画した雑誌「走るひと」。専門的な知識を指南するのではなく、走っているひとたち自身をクローズアップした雑誌を作る彼らは、もちろん自分たち自身も “走るひと” だという。

「週に何回集まるとか、月に何回練習するとか、決まりを設けて集まっているのではありません。例えば誰かが大会に出る前とか、練習したいなと思ったときに声をかけ、集まれる人たちでランニングすることが多いですね」と話してくれたのは、編集長の上田唯人さん。

メンバーは決まっておらず、活動をきっかけに人数が増えることも多いという。

「気がついたときにはInstagramに、『#チーム走るひと』というハッシュタグができていました(笑)。誰に強制されるわけでもなく自由に走りたい人たちが集うんです。ランニングと心のメカニズムとかは抜きにして、僕は個人的に走っている人には “気立てのいい人” が多いと思っています。心が緩やかな人が多いというか。ここもそういう人たちの集まりなんですよね」
 

そんな上田さんの言葉通り、チーム走るひとのメンバーからは快活でエネルギッシュなオーラが満ち溢れ、走ることの楽しさをそれぞれが体現しているようだった。
 

画像: NOTストイック! ランニング継続の秘訣は “チームで活動” にあり!

「走るひと」 編集長
上田唯人さん
大学卒業後、野村総研にてコンサルタントとして従事。2011年に、1milegroupを設立。’14年に雑誌『走るひと』を創刊する。

 

NEXT≫「運動神経に自信がなく、ランニング経験もゼロ……」

This article is a sponsored article by
''.