初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、札幌市中央区を案内していただいたのは、漫画家の瀧波ユカリさん。

「食材の宝石箱」としても知られる北海道。その中心地である札幌市は “美食の街” としても有名です。お酒と料理を楽しむ札幌の歩き方、その最新事情を瀧波さんに伺いました。

 

旬の食材を中華に!
大評判の中国料理店

チムウォック

食通の舌を唸らせる創作中華の店。店主の渡辺高文さんは十勝出身。チモシー(牧草)とウォック(中華鍋)を組み合わせて名付けた店名は「今の自分の成り立ちのようなもの」と話す。
 

「トロトロ牛すじ煮込みの麻婆豆腐」¥850(税込み)、「季節のシュウマイ」(写真は新生姜入り¥800・税込み)など、人気メニューがいっぱい。

野菜は基本的に北海道産のもの、魚介類は全国から新鮮なものを厳選。「どんなお酒にも合うのが中国料理!」と自然派ワインや日本酒なども揃え、地元民に広く愛されている。

チムウォック
北海道札幌市中央区南2条西8丁目4-3-1 TANUHACHI GARDEN 1F
☎011-223-1234
営業時間:15:00~25:00
定休日:日

 

札幌に来たらここへ!
カレー好きなら知っている有名店

ジャドプール

2014年 9月にオープンした南インドと北インドのカレー両方が楽しめる稀有な店。南インドの料理はまだまだ日本でも珍しく、その存在や魅力を知ってほしいという思いから、札幌の地で店を開いた。
 

ライスとナン、ビリヤニまで食べられる「南北インドプレート」¥2200(税込み)。

現地のレストランで長く経験を積んだ2人のシェフが北と南をそれぞれ担当しているため、正真正銘の本場の味を楽しみながら、南北の味の食べ比べまでできる。
 

画像: 特別な日にもオススメしたい落ち着いた店内。

特別な日にもオススメしたい落ち着いた店内。

ジャドプール
北海道札幌市中央区南6条西24丁目3-21
☎011-520-4600
営業時間:11:00~15:00(LO14:00)、18:00~21:30(LO20:00 ※変動あり)
定休日:不定 ※休みと閉店時間の詳細はFacebookで

 

知っておきたい沖縄のいろは
北海道のシンボル

画像: 知っておきたい沖縄のいろは 北海道のシンボル

北海道の鳥 タンチョウ

北海道の木 エゾマツ

北海道の花 ハマナス

 

PROFILE

画像4: 美味しい北海道で味わいたい中華&カレー【ローカルと歩く】

瀧波ユカリ Yukari Takinami
札幌市在住の漫画家。著書に『臨死!!江古田ちゃん』(講談社)など。『モトカレマニア』(Kiss連載中)。

 
●情報は、2018年9月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Yoshiyuki Okada

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.