シーツ姿のゴーストが主人公という斬新ながらもどこか懐かしさを感じさせる作品にちなみ、10月31日のハロウィンにあわせて “コスプレでの参加も大歓迎!” という『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』の試写会に10組20名様をご招待! 

 

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』

死んでしまった者の魂は、その悲しみは、いったいどこへ行き着き、どのように消化されるのか? 自分のいなくなった世界で、残された妻を見守り続ける、ひとりの男の切なくも美しい物語。

不慮の事故死を遂げ、シーツ姿のゴーストとなって彷徨い続ける夫を演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック。夫に先立たれ、悲しみに暮れる妻は、『キャロル』でカンヌ国際映画祭女優賞を受賞したルーニー・マーラが演じます。

本作の監督、デヴィット・ロウリーの『セインツ -約束の果て-』でも共演した、ふたりの実力派俳優が再び集結して描くのは、ゴーストの視点から見た「死後の世界」。

サンダンス映画祭の観客賞を筆頭に、世界各国の映画祭でノミネート&受賞。米映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、驚異の91%の大絶賛を受けた話題作です。

 

STORY

田舎町の小さな一軒家に住む若い夫婦のCとMは幸せな日々を送っていたが、ある日、夫C が交通事故で突然の死を迎える。妻Mは病院でCの死体を確認し、遺体にシーツを被せ病院を去るが、死んだはずのCは突如シーツを被った状態で起き上がり、そのまま妻が待つ自宅まで戻ってきた。

Mは彼の存在には気が付かないが、それでも幽霊となったCは、悲しみに苦しむ妻を見守り続ける。しかしある日、Mは前に進むため、ある決断をし、残されたCは妻の残した最後の想いを求め、彷徨い始める……。

『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』
2018年 11月17日(土)、全国ロードショー!
監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ ほか
配給:パルコ
©2017 Scared Sheetless, LLC. All Rights Reserved.

 

NEXT≫「試写会の詳細&応募方法」

This article is a sponsored article by
''.