未解決凶悪犯罪、通称 “コールドケース” を扱う捜査チームの活躍を描き、世界的人気ドラマとなった「コールドケース」の日本版「連続ドラマW コールドケース 〜真実の扉〜」は、WOWOWがアメリカ国外としては世界初となる制作と放送を手がけた。

2016年に放送された本作は、“世界に見せたい日本のドラマ” を選出・表彰する「東京ドラマアウォード2017」で特別賞を受賞。神奈川県警捜査一課のチームを率いる石川百合を吉田羊さん、年下の相棒・高木信次郎に永山絢斗さん、チームのムードメーカー立川大輔を滝藤賢一さん、ベテラン刑事・金子徹に光石研さん、メンバーから頼られるボス・本木秀俊に三浦友和さんと、豪華なレギュラーキャストも話題になった。そのシーズン2が、2018年 10月13日(土)から、毎週土曜日22時~全10話で放送される。

 

私の役作りは、
衣装とメイクで8割決まります

画像1: ©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

©WOWOW/Warner Bros. Intl TV Production

――アメリカの「コールドケース」はシーズン7まで製作され、全シーズンの平均視聴者数が1000万人を超える大ヒットを記録しています。日本でも、この秋にシーズン2が放送されるわけですが、この物語に、世界中の人を惹きつける普遍性があるとしたら、どのあたりだと思いますか?

吉田:捜査一課チームの活躍だけを描くのではなく、事件に関わった人たちの人間ドラマを描いている点だと思います。我々が解決していかなければいけないのは未解決の凶悪犯罪なのですが、その過程で、事件の被害者、加害者、その家族と、たくさんの方々の人生を掬いとっていくことになる。だから、物語が尽きないんですね。

登場する人間の数だけ、胸に迫るエピソードがある。事件を解決することって、人がなぜ殺されたのか、その理由を解き明かしていくことで、死に様を描くことに等しい。でも、それは生き様を描くのとイコールでもあるんです。

百合の「真実に蓋をしてはいけない」という台詞が特に私は好きなんですが、「誰の人生もないがしろにされてはいけないんだ」「広くあまねく人の人生を救いとっていくぞ!」という強い思いで事件に臨んでいる、その姿に私自身が胸を打たれます。

ドラマ全体のテーマとしても、現場で、このドラマに携わるスタッフ、出演者全員が、そういった “人” に対するまっすぐな視線を持っている。だからこそ、視聴者の方に感情移入していただけるドラマになっているのではないかな、と思います。

 

This article is a sponsored article by
''.