食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、アートディレクターの秋山具義さんオススメのたこ焼きをご紹介。本場の味を立ち食いで楽しめますよ。

 

天風の
黒七味醤油たこ焼き

画像: 天風の 黒七味醤油たこ焼き

「関西風では東京で一番好きです!」と秋山さんが太鼓判を押すのが、天風のたこ焼き。店主の櫻本政秀さんは、東日本大震災のボランティア活動での経験から脱サラし、たこ焼き屋さんに転身。フードトラックでの販売を経て、4年前にお店を開きました。
 

画像: 店主の櫻本政秀さん。

店主の櫻本政秀さん。

店内はセルフスタイルの立ち飲み式。ドリンクは自分で入れ、伝票に正の字をつけて書くこともあってか、櫻本さんは「うちはプロのお客さんが育つ店」と言います。
 

画像: ソース ¥500(税込み)。たこ焼きはすべて1人前8個。

ソース ¥500(税込み)。たこ焼きはすべて1人前8個。

たこ焼きは、外がカリッ、中はふわっ。理想の “ふわとろ” 状態から東京のお客さんに合わせて、焼き時間を少し長くしています。「しょうゆ」や「だし」など数種の味がある中で、甘みと少し酸味を感じる「ソース」が定番。
 

画像: 黒七味醤油 ¥700(税込み)。

黒七味醤油 ¥700(税込み)。

秋山さんのお気に入りは、黒七味醤油。実はこちら、「僕が考案しました」という秋山具義スペシャル。

取材中にも、秋山さんのインスタを “グギって(見て)” 来たというお客さんが注文。「私の中では(秋山さんが)一番のインスタグラマー。ローラさんよりも上!」という筋金入りのファン。大満足で頬張っていました。

お味は、シンプルな醤油の風味を追うように、京都の「原了郭」の黒七味がピリッ。お酒が進みます。
 

画像: おでん。大根、厚揚げ、ごぼ天など1個¥250(税込み)。牛すじ¥300(税込み)。

おでん。大根、厚揚げ、ごぼ天など1個¥250(税込み)。牛すじ¥300(税込み)。

天風(てんぷう)
東京都渋谷区猿楽町1-5
☎080-3348-5799
営業時間:19:00頃~翌3:00(LO翌2:00)、日・祝19:00頃~24:00
定休日:なし

 

PROFILE

画像: 「関西風たこ焼きでは東京一、好き!」天風のたこ焼き

秋山 具義 Gugi Akiyama
アートディレクター。広告キャンペーン、写真集、CDなど、幅広い分野でアートディレクションを行う。中目黒のイタリアンバル「マルテ」のプロデュースも手がけている。

 
Photo:Tetsuya Hamamura Illustration:YUGO. Composition:Ken Namba

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.