彼女は帰国子女で語学が堪能、と言うだけでなく、同じ年に入社した同僚全員が一目置くほどとても聡明な女性でした。数ヵ月の研修期間を経て彼女が情報番組に配属されるやいなや、そのスタッフ間でも囁かれる “彼女の優秀さ” が部署を越えて私の耳にも伝わってくるのは必然でした。

 
>最初から読む!

 

「The Mission」

そして数年の時を経て、会社から夫への赴任終了、帰国命令が発令されます。

彼は、会社を辞め、NYに残る決意をしました。

あの時、私がキャリアを諦めた。次はあなたの番でしょ?? と。

 
日本へ単身帰国、という選択肢もあったそうです。でも彼は、家族と過ごす毎日を選びました。

自らを “アベレージ人間” と称していた平凡中の平凡だった彼が、彼女と出会い、彼女の生き方に触れ、日本独特の固定観念や周囲の雑音にも惑わされることなく、自分の心に忠実に、人生の舵を大きく切る決断を次々にしていく。

彼にとって人生の “金メダル” は、まさに彼女と結婚したこと。

 
今、彼はNY赴任時代に取得した資格と経験をもとに起業し、ニューヨーカーとして新たな人生を家族とともに歩んでいます。

 
>次ページはコチラ!

 

PRIVATE PHOTOS

画像: PRIVATE PHOTOS

自宅でホームパーティー。仕出し弁当が素敵すぎて……そしてやっぱり和食が落ち着く年令になりました(笑)。

 

PROFILE

中村仁美 Hitomi Nakamura
1979年6月8日生まれ。2002年にお茶の水女子大学生活科学部を卒業し、フジテレビ入社。2011年人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2児の子育てをしている。’17年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在はフリーアナウンサーとして活動中。

 

▼中村アナ連載 全部読む!

This article is a sponsored article by
''.