美容業界でも数少ない男性編集・美容家の3人が集まって最新コスメをあれこれ語る「俺たちのコスメ」がスタートして早半年。さまざまな工夫を凝らし、もてなしてくれるコスメ発表会を斬るという大胆企画! “ベスコス” ならぬ、“ベスト発表会” を2回にわけて紹介します。

「今年、印象に残った発表会は?」「こんな見せ方あったよね」など、新作コスメの紹介だけじゃない、化粧品業界の裏のウラをご紹介。業界人はもちろん、コスメ好きの皆さんも必読です。

俺たちのコスメとは……
化粧品を科学で斬るビューティサイエンティスト・岡部美代治さん、男性美容研究家の藤村岳さんと、美容業界ン十年のFRaUプロデューサーの関龍彦がスキンケアからボディ、フレグランス、メイクアイテムまで、経験と知識をもとに、これからの美容業界までを占う発表会レポートです。

 

3人がそれぞれが選んだ
「2018年ベスト発表会」
第3位からカウントダウン!

藤村岳さんが選ぶ、2018年べスト発表会 第3位
「ちょうどいい」のバランスが秀逸
メルヴィータのヘアケア発表会

――今回、FRaUではいつもの発表会レポートではなく、2週にわたり “ベスコス” ならぬ、ベスト発表会をカウントダウンで紹介します。たくさんの発表会に出席されたと思いますが、会場、プレゼン力、製品、その他演出など、印象に残った発表会を教えていただけますか? まずは3位から。

藤村:僕の第3位は「Melvita(メルヴィータ)」の「インディゴオイル」の発表会。こぢんまりしているんですけど、きちんとメッセージが伝わってきました。入り口からの展示、発表の内容と長さもちょうどいい。この「ちょうどいい」って、なかなか難しいですよね。
 

 
:メルヴィータのプレゼン力は毎回、スゴイなーって感じる。ほんと、練られてるよね。

岡部:インディゴがオイル成分になる展示パネルがわかりやすかったですね。サイエンティストにはそこはキモですから(笑)、見逃せません。

:キーとなる「インディゴ」がしっかりインプットされる、いい会でしたよね。お土産のデニムバッグ、その後も使ってます!

 
岡部美代治さんが選ぶ、2018年べスト発表会 第3位
ローズ ド マラケシュがランクイン!
その理由は?

岡部:私は「ROSE DE MARRAKECH(ローズ ド マラケシュ)」の「ローズ リクイド」(オイルジェル美容液)の発表会を挙げました。いつも自社内の会場で開かれるのですが、そこはモロッコ美容を語らせたら誰にも負けない、ブランド創設者の板橋マサ江さんのトークが楽しみです。特に今回は、10年にわたるモロッコとの出合いから現在までのストーリーがドラマチックで印象的でした。

 
――会場選びは発表会の大事な要素でもありますが、自社を会場に使うという発表会はここ数年で増えていますよね。

:製品力に自信のあるプレゼンをじっくり聞く発表会の場合、いいですよね。自社とはいえ、撮影スポットのことを考えたディスプレイなどで工夫されているし。

岡部:筋金入りのモロッコ愛が感触や香りなど品質へのこだわりとして感じられます。また、モロッコ女性の自立のための支援もしっかりしているし、本気度がわかることからも人気の要素だと思います。

藤村:板橋さんのモロッコ人のようなドレス姿も拝めましたし(笑)。

 
関龍彦が選ぶ、2018年べスト発表会 第3位
レモンサワーが売り切れた!?
メンズコスメ発表会は小ネタ満載

画像: 関龍彦 が選ぶ、2018年べスト発表会 第3位 レモンサワーが売り切れた!? メンズコスメ発表会は小ネタ満載

:僕の3位はメンズスキンケアブランドの「BOTCHAN(ボッチャン)」。夜に新宿ゴールデン街のレモンサワー専門バー、昼に原宿のハンバーガー専門店で行うという “やんちゃっぷり” が良かったよね! 男性向け、ということでなく、ジェンダーを超えたモノづくりにも共感できました。
 

 
――招待されたのは男性編集者が多かったようですが……。

藤村:「FIVEISM × THREE(ファイブイズム × スリー)」もかなりセグメントした発表会でしたよ。誰に伝えたいかによってメーカー側が絞り込むのは当然ですね。

岡部:私はBOCHANの発表会に行けなかったのですが、その後でオフイスへキャラバンに来ていただき、ブランド哲学から製品説明までみっちり説明してもらい理解できました。やはり「なぜその製品をつくったのか」理解できると、(製品が)より輝いて見えます。デザインは今までにないポップさで、「オーバー・ザ・ジェンダー」です。

 
――会場の雰囲気と製品の展示の仕方が上手でしたね。でも狭かった!

藤村:ここだけではないですが、雰囲気重視とはいえ、狭い場所は導線をしっかり確保しないと立ち往生して閉口することも。でも、同じアイテムやブランドで日時、場所を変えて発表するというのは新しい試みです。

  

NEXT≫「第2位を発表!」

This article is a sponsored article by
''.