初めての土地へのショートトリップ。限られた時間の中で、楽しく効率よく回りたい。そんな時、情報収集はローカル(地元住民)に聞くのがいちばん確実。今回、宮城県を案内していただいたのは、映像ディレクターの高平大輔さんと、東北スタンダードマーケットディレクターの大河内英夫さん。

県内の手仕事を紹介するウェブサイト「手とてとテ」のスタッフでもある、お二人がおすすめする「故を温ねて新しきを知る宮城の旅」のはじまりです。

 

東北の伝統・こけしと珍しい蝶、
絵画が楽しめる

カメイ美術館

仙台市に本社を置く総合商社カメイ株式会社の創業90周年を記念して開館。3代目の社長である故・亀井文蔵さんが収集した世界各地の蝶、同社相談役の亀井昭伍さんが収集した表情豊かなこけし、そして近代絵画が見られる美術館。
 

戦前(大正~昭和10年代)の有名こけし工人の作品のほか、14000頭の美しい蝶の標本は見応えたっぷり。類を見ないレアなスポットだ。
 

宇宙をイメージした作品「宇宙賛歌」は蝶の羽で作成されている。

カメイ美術館
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23
☎022-264-6543
営業時間:10:00~17:00(入館~16:30)
定休日:月(祝日は開館)

 

Event Information
10月の宮城 イベント情報

10月6日(土)~12月2日(日)
伊達綱村展

今年は仙台藩四代藩主である伊達綱村没後300年を迎える。その偉業を振り返る展覧会。

会場:東北歴史博物館
時間:9 :30~17: 00 ※月休
http://www.thm.pref.miyagi.jp/

 
10月21日(日)
第30回太白区民まつり

特設ステージでの発表やテント村での特産品の販売など、年に一度のお祭り。

会場:杜の広場公園とその周辺(あすと長町一丁目地間)
時間:9:30~16:00
https://www.city.sendai.jp/taihaku/index.html

 
10月28日(日)
第34回気仙沼市産業まつり

気仙沼市魚市場で開催される地域最大の物産イベント。「水揚げ日本一! 気仙沼メカジキ鍋」の無料提供もある。

会場:気仙沼市魚市場
時間:9:00~15:00
☎0226-22-6600(気仙沼市産業部商工課)

 

PROFILE

画像1: こけし&蝶がズラリ! 個性的な収蔵品に出会える宮城の美術館【ローカルと歩く】

高平大輔 Daisuke Takahira
映像ディレクター。東北を拠点にCM制作や地域PRなどを手がける。現在はwow sendaiで活動中。

画像2: こけし&蝶がズラリ! 個性的な収蔵品に出会える宮城の美術館【ローカルと歩く】

大河内英夫 Hideo Okochi
東北スタンダードマーケットディレクター。東北が生んだ伝統工芸品の周知や新しい作家の発掘に勤しむ。

 
●情報は、2018年10月現在のものです。
Photo:Aiko Shibata Text:Lisa Nagamine Illustration:Maggie Prendergast

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.