食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、アートディレクターの秋山具義さんオススメのラーメンをご紹介。すべてが超好みというその味は如何に!?

 

純手打ち 麺と未来の
特製塩ラーメン

画像1: 純手打ち 麺と未来の 特製塩ラーメン

2018年 5月のオープンながら、早くも行列店の仲間入りを果たしている新進気鋭のラーメン店。こちらのラーメンの最大の特徴は「うどんのように太くモッチモチ!」の麺。
 

もち小麦「もちひめ」100%を使用し、朝・昼の2回店内で手打ち。注文後、7分ゆでた後できあがった麺は、見た目とは裏腹につるっもちっ。噛むとグッと柔らかな食感があり、食べていて心地いいです。
 

画像: 特製塩ラーメン ¥980(大盛りは+¥150)

特製塩ラーメン ¥980(大盛りは+¥150)

秋山さんが「超好み!」というスープは、丸鶏にアゴの煮干しやカツオ枯れ節などの魚介を使用したダシと、飲んでも美味しいと称される “蔵の素” をベースに鮎魚醤を加えた塩ダレで配合。飲み干したくなるほどスッキリしていて、味わい深いです。
 

画像2: 純手打ち 麺と未来の 特製塩ラーメン

「チャーシューも海老ワンタンも超好み!」という秋山さんがドハマリした一杯。食べるならお昼は12時半が狙い目。敬遠されそうな時間帯ですが、開店からちょうど2回転目のお客さんが出るタイミングなんだそう。

なお、ビールは冷蔵庫内にあるものならどれを選んでもOK。大手メーカーのものからクラフトまで多彩なラインナップでオール500円。ビール好きにはたまりません。

純手打ち 麺と未来
東京都世田谷区北沢3-25-1 シャトルヒエイ1階
☎非公開
営業時間:11:30~14:30、18:00~21:00(スープ、麺売り切れ次第終了)
定休日:月

 

PROFILE

画像: 「極太麺がモッチモチで美味しい!」純手打ち 麺と未来のラーメン

秋山 具義 Gugi Akiyama
アートディレクター。広告キャンペーン、写真集、CDなど、幅広い分野でアートディレクションを行う。中目黒のイタリアンバル「マルテ」のプロデュースも手がけている。

 
Photo:Katsumi Murata Illustration:YUGO. Composition:Ken Namba

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.