映画『殺(や)る女』で、“絶対にミスしない殺し屋” 愛子を演じた知英さん。2014年に日本を拠点に女優としての活動を本格的にスタートさせた彼女の仕事に対する向上心は並ではない。知英さんのエネルギーの源はどこにあるのだろう?

 
▼前ページはこちら!

 

一人日本で頑張ってみようと決めた、
そのことが今の私の原動力

――日本に来てからわずか4年の間に、いろんな作品に出演されていますが、どういうときに、女優になってよかったと思いますか?

知英:私は中学生のときに、KARAというアイドルグループに所属して以来、ずっと芸能のお仕事に携わってきました。だから、普通の人ができないことをいろいろ体験しているかもしれません。

女優は、ありふれた日常もありえない設定も、本当にさまざまな人の人生を生きられる。それが楽しいです。キャラクターが立っている役ばかりじゃないけれど、一見、普通に見える子でも、家族構成や育った環境、経験などによって、その役の個性が浮き彫りになる。自分の想像力、イメージを膨らませながら、自分と違う人間になることは、毎回新鮮な体験です。

 
――自分のキャラクターから遠ければ遠いほどワクワクする?

知英:もちろんそういう時もあります。でも、今年公開された映画『私の人生なのに』では、私は新体操の選手の役をやったんですが、その子も、突然事故に遭って、新体操ができなくなるんです。もちろん、私は事故に遭って夢を諦めた経験はありませんが、親からの愛や友達の励ましに支えられていたところは、「ああ、みんな一緒なんだな」って思えて、嬉しかった。

たった一つの台詞で、「この子も私と同じだ」って実感できるような役を演じられたことも、とても幸福な経験でした。だから両方好きです。まったく違う世界に飛び込んで、想像をめぐらすもの、自分に近い、普通の女性を演じて感情を共有できるのも、両方。

『殺る女』の中に、自分の感情を爆発させるシーンがあるんですが、そこは、台本にはとくに “号泣する” とか “感情を爆発させる” とかは書いてなかったんです。でも、現場で監督に、「ここで愛子は初めて自分と向き合うんだから、感情を爆発させてもいいんじゃないでしょうか」って提案したら、「いいと思うよ」って言っていただけて。そのこともすごく嬉しかった。結局のところ、もの作りに参加している感覚が好きなんだと思います。
 

画像1: 一人日本で頑張ってみようと決めた、 そのことが今の私の原動力

――日常ではありえないシチュエーションを、映画なら体験できることも快感なんでしょうか?

知英:新しい自分に出会えたときの快感だと思います。見てくださる方の感想はそれぞれですけど、私は、自分が演じた愛子はそんなに悪くなかったと思いますよ。ふふ。私は、愛子というキャラクターがすごく好きです。

 

NEXT≫「“機嫌悪い?” と聞かれたら……」

This article is a sponsored article by
''.