美容業界でも数少ない男性編集・美容家の3人が集まって最新コスメをあれこれ語る「俺たちのコスメ」がスタートして早半年。さまざまな工夫を凝らし、もてなしてくれるコスメ発表会を斬るという大胆企画を敢行! “ベスコス” ならぬ、“ベスト発表会” を2回にわけて紹介します。

後編は、3人が選ぶ「ベスト発表会第1位」をご紹介。ほかにも、今後の発表会を占うなど……今の美容業界がこれだけでわかる読み応え十分の内容です。

俺たちのコスメとは……
化粧品を科学で斬るビューティサイエンティスト・岡部美代治さん、男性美容研究家の藤村岳さんと、美容業界ン十年のFRaUプロデューサーの関龍彦がスキンケアからボディ、フレグランス、メイクアイテムまで、経験と知識をもとに、これからの美容業界までを占う発表会レポートです。

 
▼前編はこちら!

 

3人がそれぞれが選んだ
2018年印象に残ったベスト発表会!
“第1位” に輝いたのは……?

岡部美代治さんが選ぶ、2018年べスト発表会 第1位
お寺で座禅、心も肌も休める
セルヴォークの発表会に1票

――俺たちのコスメがスタートして半年。いつもの発表会レポートではなく、ベスコスならぬ、ベスト発表会を紹介してしまうという企画です。先週に続き、今日は第1位を発表! 3人が選んだベスト発表会、教えてください。まずは岡部さんから。

岡部:私の1位は「セルヴォーク(celvoke)」ですかね。紹介したスキンケアシリーズのコンセプトの「レステッドスキン(休息肌)」を全身で感じる場所のセレクトと演出がダントツでしたね。

:セルヴォーク、良かったなぁ〜。

藤村:セルヴォーク、行けなかったんですよね。残念!
 

 
――選んだ会場が「お寺」でしたね。お寺が発表会の会場になるんだ〜とびっくりしました!

岡部:広尾の祥雲寺で天候も味方して小雨でしっとりした空気が清めてくれました。座禅体験から入るプログラムもぴったりで、製品のテスティングに効果ありでした。

:「禅」というコンセプトもしっかり伝わってきたし。
 

画像: 岡部美代治さん が選ぶ、2018年べスト発表会 第1位 お寺で座禅、心も肌も休める セルヴォークの発表会に1票

――製品はいかがでしたか?

岡部:どのアイテムを使っても肌感触や香りが自然に心地よくなじみました。肌を活性化することがスキンケアの効果とすれば、休ませて自然回復を促すのももう一つの効果だと気づかせてくれる製品でした。改めて使ってみると発表会の雰囲気がよみがえります。

 

藤村岳さんが選ぶ、2018年べスト発表会 第1位
今年1、2位を競うラグジュアリー感!
ポーラの気合いが垣間見えた発表会

画像: 藤村岳さん が選ぶ、2018年べスト発表会 第1位 今年1、2位を競うラグジュアリー感! ポーラの気合いが垣間見えた発表会

藤村:ボクにとっての1位は「POLA(ポーラ)」のB.A アイコレクション! アンダーズ東京にジャーナリストを数百人規模で集め、しかも豪華なコース料理まで振る舞われたここですかね。おいしいものを食べられたからというわけではなく(笑)、それだけ気合いが入っている&景気が戻ってきたというのが、ヒシヒシと伝わってきました!
 

 
――今年の春にデビューしていたのですが、秋に発売する新製品「B.A アイコレクション」に合わせて豪華な発表会を開催しました。「使いやすい!」と編集・ライターたちの間でも話題になっていましたね。

藤村:最高峰のB.Aの名に恥じない、大人のための色出しがお見事。モードっぽくなりすぎることなく、でもサッと塗るだけで大人の旬顔を作ることができますね。もう “すっぴん風メイク” に飽きた今ドキにすごくいい。

岡部:確かに気合を感じたし、製品コンセプトもしっかり頭とお腹(笑)に収まりましたね。やはりメイクアップアーティスト Ayami Nishimura(西村礼美)さんの語りが説得力ありました。旅先で風景や壮大な自然のイメージを5種のカラーバリエーションに表したのはすごかった。2色の組み合わせに知性を感じました。

 

関龍彦が選ぶ、2018年べスト発表会 第1位
発表会後の続編?
クレ・ド・ポー ボーテ「ラグジュアリー観光列車」

:僕の1位は……コレ、3人の中では僕しか行ってないので「俺コス」には書かず、個人でやっている「左手日記」(2018年 7月6日更新)にだけ書いたものなんですけど。「旅」がテーマの「クレ・ド・ポー ボーテ」の秋冬コレクション。「俺コス vol.9」では東京ステーションホテルでの発表会を紹介したけど、実はその後、「clé de peau BEAUTÉ Radiant Journey」と銘打たれた、ラグジュアリー観光列車「THE ROYAL EXPRESS」を貸し切って開催された発表会があったんだ。
 

――プレス向け発表会が開催された後に、ツアーがあったということですか?

:そう。伊豆下田までの往路の車中で、シェフ山田チカラ氏のコースランチ、メイクショー、作家川上未映子さんのトークショー、タッチアップなど充実の内容。鉄道オタクではないけど、こんな豪華列車に乗車できるのは貴重な体験だと思った。
 

画像: 関龍彦 が選ぶ、2018年べスト発表会 第1位 発表会後の続編? クレ・ド・ポー ボーテ「ラグジュアリー観光列車」

:ゲストにはインフルエンサーが多かったけど、確かに、こんな演出をしてもらえたら、絶対いい写真が撮れるよね! さすがは資生堂のハイエンドブランドという、ゴージャスかつ希少感のある発表会でした。FRaUサイトでも紹介しているので、見てくださいね。
 

 
藤村:さすが、クレ・ド・ポー ボーテ! すごいですね。そういえば昔、ケンゾーでミステリーツアーがあって、銀座で集合して横浜の三渓園まで連れて行かれたこともありました。

岡部:そのような特別企画はやはり重要だと思います。メーカーやブランドの理解を特別のジャーナリストに限定して、深く濃く伝えていくのも発表会のあり方として意味がありますね。

 

NEXT≫「俺コスメンバーを泣かせた発表会!?」

This article is a sponsored article by
''.