行楽シーズン真っ只中の今だからこそ楽しめるスポットにおでかけしませんか? 友達、恋人、家族とはもちろん、1人でも満喫できるおすすめのイベントをピックアップしてご紹介します。

アート鑑賞後は、そのまま紅葉狩りへ。イベント会場周辺の紅葉が望める絶景情報もお届けします。鑑賞チケットのプレゼント情報もお見逃しなく。

 

4年ぶりの大祭! 温泉街で味わう
新感覚エンターテインメント

道後オンセナート2018

画像: 記念撮影スポットとして人気! 設置場所:振鷺亭前 《Animal 2017-01-B2(クマ)》 ©ATSUHIKO MISAWA / Dogo Onsenart 2018

記念撮影スポットとして人気! 設置場所:振鷺亭前 《Animal 2017-01-B2(クマ)》 ©ATSUHIKO MISAWA / Dogo Onsenart 2018

日本最古ともいわれる愛媛県松山市の道後温泉で開催中の “温泉×アート” の大規模フェスティバル。道後温泉本館改築120周年を機に、2014年に開催され、今年は4年ぶりの開催となります。25名の豪華アーティストが参加し、「オマージュ(賛歌)」をキーワードに作られたアート作品が、道後の街の至る所に展示されています。
 

歴史ある旅館やホテル、商店街なども展示会場となるのが、このイベントの見どころのひとつ。また、約1㎞圏内に作品が密集して展示されているので、ブラブラと街歩きをしながら気軽に楽しめるのも魅力です。アート鑑賞を楽しんだ後は、名湯に浸かり、体を温めながら極上のリラックスタイムを♪

道後オンセナート2018
会場:道後温泉及びその他周辺エリア(愛媛県松山市道後湯之町周辺)
期間:2017年 9月2日〜 2019年 2月28日 ※会期中無休
時間:8:30~17:15 ※道後オンセナート2018案内所の営業時間となります
http://dogoonsenart.com/

周辺の紅葉スポット
道後温泉から約2㎞に位置する「松山城二之丸史跡庭園」は、2013年に「恋人の聖地」に認定され、デートスポットとしても人気。昨年の紅葉時期は、もみじがライトアップされるイベントを開催し、より一層ロマンティックな空間に。例年の紅葉見頃は11月中旬~11月下旬。

 

景色抜群! 自然に触れながら
ピクニック気分でアート鑑賞

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018

画像: ジャングルジムのような建物に花を飾りつけた大作。《花は色の棲家》 日比野克彦

ジャングルジムのような建物に花を飾りつけた大作。《花は色の棲家》 日比野克彦

六甲山といえば、夜景スポットとして有名ですが、日中は六甲山上を周遊しながら、現代アート作品を楽しんでみませんか? 今年で9回目となる本展は、芸術の秋を盛り上げる37組のアーティストが集結。すばらしい眺望とともに、インスタ映え必至のユニークな作品が続々と登場します。
 

画像: ブルーシートでできている、巨大な腕が池の上に出現。《やさしい手》 久保寛子

ブルーシートでできている、巨大な腕が池の上に出現。《やさしい手》 久保寛子

来場者の中には、一眼カメラを片手に撮影したり、山頂付近のカフェで展望を望みながら食事をしたりと、作品鑑賞以外の楽しみ方も。紅葉の季節になると期間限定で(今年は11月11日まで)、アート作品の夜間展示と紅葉のライトアップを行う「ザ・ナイトミュージアム」を開催。日中とは異なる幻想的な空間で、夜の六甲山も満喫して。開催場所は、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018
会場:六甲ガーデンテラス 、自然体感展望台 六甲枝垂れ 、六甲山カンツリーハウス 、六甲高山植物園 、六甲オルゴールミュージアム 、六甲ケーブル、 天覧台、 風の教会(グランドホテル 六甲スカイヴィラ含む) 、六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅) 、記念碑台(六甲山ビジターセンター) [プラス会場]TENRAN CAFÉ(兵庫県神戸市灘区六甲山町周辺)
期間:2018年 9月8日~11月25日 ※会期中無休
時間:10:00~17:00 ※会場により17時以降も鑑賞できる作品があります
https://www.rokkosan.com/art2018/

周辺の紅葉スポット
イベント開催地の「六甲山」は兵庫県で言わずと知れた紅葉の名所。特に、六甲山頂駅と有馬温泉駅を結ぶ六甲有馬ロープウェーから眺める、色鮮やかにグラデーションした山並みの景色は思わずため息が出るほどの美しさです。例年の紅葉見頃は11月上旬~11月下旬。

 

マニアにはたまらない! 話題の
“苔”アートを京都の有名寺院で堪能

2018年初秋 モシュ印・コケ寺リウムキャンペーン

画像: 市松模様のデザインとして苔を取り入れた可愛いお庭。東福寺 本坊庭園(北庭)

市松模様のデザインとして苔を取り入れた可愛いお庭。東福寺 本坊庭園(北庭)

初秋から秋にかけて「苔」が美しさを取り戻す季節と言われ、苔の名所を巡りながら堪能できる苔アート作品を、京都市内の5つの寺院(三千院、圓光寺、建仁寺、東福寺、常寂光寺)で期間限定展示。最近、じわじわと注目を集めている苔。この機会に今まで知らなかった苔の魅力にクローズアップしてみては?
 

ワークショップなどで話題の「苔テラリウム」をオマージュした “コケ寺リウム” を、5つの対象寺院で展示。さらに、御朱印を苔で再現した、高さが約1.5mもある「モシュ印」も各寺院1点ずつ、全5種類を展示しています。「コケ寺リウム」も「モシュ印」も聞き慣れない言葉ですが、このイベントでしか見られないレアなアート作品です。

2018年初秋 モシュ印・コケ寺リウムキャンペーン
対象寺院:三千院、圓光寺、建仁寺、東福寺、常寂光寺(京都府京都市左京区、東山区、右京区周辺)
期間:2018年 9月1日~11月30日
時間:各寺院の拝観時間に準じます
http://souda-kyoto.jp/travel/koke/
※法要などにより、寺院の拝観が休止となる場合、モシュ印、コケ寺リウムともにご覧いただくことはできません
※モシュ印、コケ寺リウムの観覧には各寺院の拝観料が必要となります
※天候等により、作品展示を休止する場合がございます

周辺の紅葉スポット
紹介した5寺院も紅葉の名所。苔の緑×深紅のもみじが美しい「三千院」、散りもみじも美しい「圓光寺」、どこを切り取っても絵になる「建仁寺」、渓谷に広がる紅葉が圧巻の「東福寺」、石段や境内も秋色に染まる「常寂光寺」。5寺5色、風情溢れる紅葉景色が楽しめます。例年の紅葉見頃は11月中旬~11月下旬。建仁寺は11月下旬~12月上旬。

 

すべて撮影可能! 日本漫画界の
レジェンドが築く “変” づくしの世界

藤子不二雄Ⓐ展 -Ⓐの変コレクション-

画像: 藤子不二雄Ⓐ氏が生み出してきたキャラクターを集結したキービジュアル。Ⓒ藤子スタジオ

藤子不二雄Ⓐ氏が生み出してきたキャラクターを集結したキービジュアル。Ⓒ藤子スタジオ

「忍者ハットリくん」、「怪物くん」「笑ゥせぇるすまん」など、老若男女問わず、一度は見たであろう藤子不二雄Ⓐ氏の作品。本展は、ブラックユーモアの生みの親でもあるⒶ氏が描いた奇妙な世界を、生原稿や映像などとともにお届けする展覧会です。会場内はすべて撮影可能。また、会場のいたるところに “変なフォトスポット” があるので、Ⓐ氏の奇妙な世界に入り込んで主人公になった気分を味わってみて。
 

会場入口では、Ⓐ氏の等身大のフィギュアがお出迎えし、日没後は、ここでしか見られない「笑ゥせぇるすまん」の幻想的な映像が出現。会場を進むと、短編漫画を約50作品も見られる展示ゾーンや短編ミニシアターが登場。さらに、生原稿やアニメのセル画、Ⓐ氏が収集した骨董品など、貴重な“変”コレクションがたっぷり堪能できます。

藤子不二雄Ⓐ展 -Ⓐの変コレクション-
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(東京都港区六本木 6-10-1)
期間:2018年 10月19日~2019年 1月6日 ※会期中無休
時間:10:00~22:00(最終入場 21:30)
https://tcv-fujiko-a-ten.roppongihills.com/

周辺の紅葉スポット
藤子不二雄Ⓐ展の鑑賞後は、六本木ヒルズにある「毛利庭園」での紅葉狩りがおすすめ。庭園の中央には池があり、その周りを自由に散策しながら、赤や黄色に色づいた木々をゆっくりと眺めることができます。都会的な高層ビルと、彩り豊かな紅葉のコラボは一見の価値あり。例年の紅葉見頃は11月中旬~11月下旬。

 

NEXT≫ 話題の企画展、鑑賞券をプレゼント!

This article is a sponsored article by
''.