『春の雪』『奔馬』『暁の寺』『天人五衰』……。4冊からなる大河小説『豊饒の海』は、文豪・三島由紀夫が6年の歳月を費やした “絶筆の書” である。この “究極の小説” を書き上げた1970年 11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で、三島由紀夫は割腹自殺を遂げた。世界のMISHIMAは、最後に何を残したのか。彼が最後に書き綴った “世界” が、この秋、ついに舞台化されることになった。

「又、会ふぜ。きつと会ふ。滝の下で」という言葉を残し、20歳で命を落とした松枝清顕を東出昌大さんが演じ、清顕の影に取り憑かれた男・本多繁邦は、青年時代、中年時代、老齢時代で三人の俳優で演じ分けることに。

その中年時代を演じる首藤康之さんと、三つの黒子を持つ清顕の生まれ変わりとして登場する飯沼勲を演じる宮沢氷魚さんが、舞台の魅力を語る。

 

三島作品でも背伸びはせずに、
今感じ取ったことを大切に(宮沢)

画像1: 三島作品でも背伸びはせずに、 今感じ取ったことを大切に(宮沢)

――今回、この話題の舞台の演出を担当するのは、演劇の本場ロンドンのウエストエンドで、ネクストジェネレーションの旗手とされるマックス・ウェブスターさんです。よくいえば大胆、でも日本人からある種無謀とも思える挑戦ですが、首藤さんが今回、この作品に出演しようと思った一番の理由は何だったんですか。

首藤:スーパー無謀ですよね(笑)。うん。本当に!そう思います。でも、僕がこの舞台に出演を決めた理由は、それが三島由紀夫さんの作品だったからです。僕の場合、人生のいくつかのターニングポイントで、彼の戯曲と舞台上での出会いがあって……。

最初は、僕が20歳の時でした。フランス人振付家の手による壮大なバレエ作品でしたが、その時に、三島由紀夫さんの世界に足を踏み入れて、一気にほとんどの小説や戯曲を読みました。

それから、僕が30歳ぐらいの時にも、コンセプトとして彼の思想が入った、オムニバス的な作品をベルギーの王立モネ劇場で創ったことがあります。三島由紀夫の作品では、そんなふうに毎回、外国の方と組んでいるんです(笑)。今回も。だから不思議な縁だな、と。

 
――インターナショナルスクール育ちで、カリフォルニアの大学に進学した宮沢さんは、この舞台への出演が決まって初めて、三島由紀夫の本を手にしたそうですね。

宮沢:そうなんです。シェイクスピアなら、高校の時に原書で読んだんですけど、むしろ日本の作家には疎くて(笑)。でも、日本の学校なら、三島由紀夫は必ず読むものなんですか?

首藤:基本、読まないですよ(笑)。

宮沢:僕、今24なんですが、3年前からモデルの仕事を始めて、その時からずっと将来は俳優になりたいと思っていたんです。その時、周りの人たちから、「俳優になるには、本は読んでおいたほうがいい」とアドバイスされたので、なるべく本は読むようにしていたんですが、三島由紀夫は勝手に、もっと大人の本なんじゃないかと思って、手を出さなかった。

実際、今回も4冊通して読んでみたものの、あまり理解できませんでした。まだ台本を渡される前のことで、(主演の)東出さんから、「氷魚、原作読んでみてどうだった?」って聞かれたときも、「いや、難しいですね」と(笑)。

でも、東出さんも、「僕もそんなにわからなかったけど、今の自分の年齢で感じたこと、理解できたことを大切にしていきたいよね」とおっしゃっていたので、僕も、無理して、背伸びして全てを理解しようとせず、いま感じ取ったことを大切にしたいと思いました。でも、今回の舞台は、台本を読んだらすごくわかりやすくなっていて、ビックリしました(笑)。

首藤:台本は、すごくうまくまとめられてますよね。僕も、20歳で三島を読んだときは、氷魚さんと同じように、すごく感銘を受けた部分と、全く意味がわからない部分が混在していました。でも、面白いもので、人生の節目節目で読み直すたびに、以前わからなかったことがわかるようになったり。自分も人生を積んだことで、その思想に少し、近づいたというか……。ちょっとずつ寄り添えている感じはするんです。

でも、完全に理解することは不可能だとは思います。彼が生きた時代と、僕たちが生きている時代は全然違いますし、“今” は、彼の望んでいた社会とは程遠いものになっているとも思うので……。ただ、“大義” といったら大げさかもしれないですが、三島さんが後世に残したかったものは、人に何かを捧げる、人のために自分を捧げて生きていく精神だったと、僕は思っているんです。だから、彼は人のため死んだ。

今回の作品にも、人は何のために生き、何のために死ぬべきかという、人間の永遠のテーマが描かれているように思います。現代のようにさまざまな情報や物が溢れている時代に生きる中で、こういう深いテーマを内包した書物は、すごくいろんなことを教えてくれますよね。

 

NEXT≫「第一印象は、“デカくて初々しい” !?」

This article is a sponsored article by
''.