メイクアップアーティストの枠にとらわれず、現代女性が豊かに生きるヒントを発信し続ける早坂香須子さん。彼女の輝く笑顔とボディの秘密とは?

 

女性性をケアして
自分のカラダに感謝を

インスタグラムのフォロワーは7万人以上! 仕事やオフの様子を発信しているメイクアップアーティストの早坂香須子さんは、センスのいいライフスタイルはもちろん、ご自身のヘルシーな美ボディや、感度の高いケアメソッドで女性たちが憧れる存在だ。

「40代からは、やみくもに運動してもキレイになれないですよね。単に痩せたいわけじゃなくて、健康的にシェイプすることを意識しています」と早坂さん。現在は加圧トレーニングとピラティスに定期的に通っている。

「加圧トレーニングは1年半くらいです。私が通っているところは、ビューティプログラムという、加圧30分(上腕15分+下肢15分)、むくみ解消のマッサージ30分がセットになっているコースがあって。それがすごくいいんです。ストイックにジムでひたすらトレーニングというのは、性格的に本当にムリで(笑)。ここにくれば、締めたいところをシェイプしながら、疲れたボディのケアもできるので助かります。マッサージに行かないですむようになりました。

KAORU先生のピラティスは最近始めたのですが、鍛えるというより、今はまだストレッチをしたり揉まれたりしている状態です。メイクという仕事柄、猫背になりがちだし、どうしても左右差が出てきてしまいます。今は眠っている筋肉を起こして、使い方を教わっている感じ。自分のカラダに対して意識的になれるのがいいですね」

 
ボディと意識のオン/オフが
疲れをためない秘訣

朝の “太陽礼拝ポーズ” と夜の入浴は、切り替えに必要なこと。

「ヨガの太陽礼拝のポーズは、眠っているカラダと意識を目覚めさせてくれますね。AUMNIEの厚手でおしゃれなヨガマットを買ってからは、すっかりその習慣が楽しみに。入浴は、5分でもいいから絶対に湯船につかります。肉体的な疲れはもちろん、メンタル、思考のリセットがすごくできる気がする。入浴しながら、鍼灸師・森田愛子先生が提唱している呼吸法を実践。腹式呼吸で、酸素を背骨にとおしてお尻まで入れるイメージで!と。そうするとカラダがすごくゆるむんです。睡眠はすべての元ですが、入浴すると副交感神経にしっかりスイッチが入って、眠りの質が変わります」

 

NEXT≫「早坂さんの美しさを支えているのは、実は大きな使命感!?」

This article is a sponsored article by
''.